カレンダー
2010年 11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
 
 
カテゴリ一覧
 
 
 
 
 

先生のブログ

2010年11月30日(火曜日)

12月はクリスマス、正月向けメニューです

カテゴリー:  11時37分56秒

11月の中華メニューでも、トッピングによってクリスマスやお正月料理に利用できる紅焼鶏塊を紹介しましたが、12月は、中華風のローストビーフが登場です。たたきの感じですが、お家で手軽に楽しめます。
ぶりの大根巻き、ポテト茶巾は甘くないおせち。煮なます、お雑煮、くろまめは、昔からの正月料理です。

17日(金)は伝統的正月料理。お煮しめ、栗きんとん、錦卵、紅白なますなど。10時からですが、夜のクラスもご希望があれば開きます。 
毎年、留学生のために、このような正月料理の講習会を開いているのですが、現在は、日本人にも必要だなあと思い、計画しました。


2010年11月24日(水曜日)

ブルガリア料理

カテゴリー:  22時57分45秒

10月16日ブルガリアの留学生、イヴァさんにヨーグルトをたっぷり使ったブルガリアの家庭料理を教えていただきました。

先ず、パプリカ、なす、トマトにひき肉入りの炒めたご飯を詰め、オーブンで焼き、パセリ入りのヨーグルトをかけました。
雪のお姫様(スネジャンカ)という素敵なネーミングのサラダは、ヨーグルトを布巾に包んで水分を取り、さいの目切りの胡瓜とくるみ、おろしにんにくを加え、塩、こしょう、オリーブ油で味をつけます。本来は、丸めてかたいボールのように整えるのですが、日本のヨーグルトは少し柔らかめなので、小さいガラス器に入れました。
デザートもヨーグルト入りの焼き菓子。もちもちした舌触り。温かいシロップをかけ、バターとココナッツをのせました。これは、イヴァさんのおばあさまがよく作ってくださったものだそうです。

11月20日、お正月料理を留学生に紹介しました。アルメニア、中国、韓国、モンゴル、アメリカからの学生8名で、筑前煮、錦卵、栗茶巾、紅白なます、お雑煮を作りました。
せっかく日本に来ているのですから、伝統的な日本のお正月料理を少しでも楽しんでもらいたいというのが目的です。


2010年11月4日(木曜日)

11月の中華好評です。

カテゴリー:  20時34分38秒


2010年11月2日(火曜日)

急に寒くなりました。畑のゴーヤ、シソなど最後の収穫をしました。

カテゴリー:  23時16分02秒

フェンスに絡まっているゴーヤも最後の1本となり、シソの穂も葉も今年はよく利用したなあと小さな畑を眺めています。
シソの穂の塩漬けは、お豆腐に乗せたり、ご飯にふりかけたり、おにぎりにしたりと毎日素朴に楽しんでます。
今日は、最後のシソの葉で「ジェノヴァペーストもどき」をつくりました。枝ごと取ってきて、葉をむしり、残っていた緑の穂先も一緒にチーズ、松の実、くるみと合わせてフードプロセッサーで一息にペースト状。オリーブ油で適当にのばし、細めパスタにからめました。おいしかったという満足と育てたシソをぜーんぶ使い切ったという満足でいい気分です。