留学生のための日本の家庭料理講習会

7月8日に留学生のための日本の家庭料理講習会をいたしました。
メニューは留学生からの希望で稲荷寿司とコロッケに。
コロッケは、明治時代に日本で作られたいわゆる洋食です。
豆腐の寒天寄せも作ってみました。
参加したのは、ヴェネズエラ、コロンビア、中国、メキシコ、ロシアからの7名。

 

ナイジェリア料理

 
ナイジェリア連邦共和国(ナイジェリアれんぽうきょうわこく)、通称ナイジェリアは、アフリカ中西部に位置し、北にニジェール、北東にチャド湖を挟みチャド、東にカメルーン、西にベナンと隣接する。

wikipediaより
 
10月14日のナイジェリア料理。
先生は、東大の宇宙工学系の大学院生テミさんでした。
お子さんのペルミも参加。
アフリカの料理はあまり接する機会がありませんが、豆類が沢山入った炒めるクスクス、生野菜を会わせたサラダ風クスクス、料理用バナナのフライ、ヤム芋のマッシュをオクラと干しエビのスープにからめて手で食べる料理など4種類を教えていただきました。
料理を作りながら、また出来上がった料理をかこんでいただきながら、使った素材の説明や、アフリカの色々なお話を聞くことができ、楽しいクラスでした。