留学生のための日本の家庭料理講習会

7月8日に留学生のための日本の家庭料理講習会をいたしました。
メニューは留学生からの希望で稲荷寿司とコロッケに。
コロッケは、明治時代に日本で作られたいわゆる洋食です。
豆腐の寒天寄せも作ってみました。
参加したのは、ヴェネズエラ、コロンビア、中国、メキシコ、ロシアからの7名。

 

ポーランド料理

 
ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく)、通称ポーランドは、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏の消滅後は、中欧または中東欧に分類されるようになった。首都はワルシャワ。

wikipediaより
 
ポーランドの家庭料理を、留学生のエヴァさんとアガタさんに教えていただきました。
きのこのスープ
 マッシュルームをたっぷり使った香りのよいおいしいスープでした。
本当は松茸でつくりたかったそうです。
ジャガイモのプラッキ
 ジャガイモのすりおろしの入った「おやき」の感じです。
きのこ入りソースをかけました。
リンゴのプラッキ
 きざんだリンゴが入ったホットケーキの感じです。
三つとも、素朴なあたたかみのある秋の家庭料理でした。