カレンダー
2017年 12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 
 
カテゴリ一覧
 
 
 
 
 

先生のブログ

2014年8月29日(金曜日)

今年の8月、気候激しいです。

カテゴリー:  11時15分47秒

猛暑の後は、寒さを感じるこの頃。地球のご機嫌が悪くなってる感じです。

9月の教室メニューは、洋風家庭料理です。
ちょっと手間かけチキンカレーをつくります。タコ、ホタテに野菜を合わせ、ラビゴットソースで。きのこサラダには、カリカリベーコン。冷たいカルーアデザート。

残暑は厳しいかもしれません。しっかり食べて体力をつけましょう!


2014年6月17日(火曜日)

今年の庭の梅、不出来です。

カテゴリー:  12時52分26秒

梅雨の晴れ間といっても今年は本当の夏のような感じがします。降りだせば激しく、先日、世田谷では直径1センチの雹も降りました。

お天気のせいか、今年の庭の梅は不出来で、ようやく梅シロップを3キロ作りましたが、梅干しは、梅を購入して浸けこみました。

6月のメニューは、今、年間で一番値段の安いチダイを使いました。マダイとよく似ていますが、少し大きさが違います。姿のまま椎茸やネギ、ショウガ、ニンニクを挟み電子レンジで仕上げます。準備にちょっと手をかけ、仕上げは約7分。家庭で使いやすい材料、作り方だと思います。
きゃべつ、ピータン、アボカドを合わせたあえ物にはショウガをきかせタレをかけました。
野菜を沢山使った餃子も好評。茄子を入れたものは焼き餃子、インゲンを入れたものは水餃子にしました。

7月は、涼しげなそうめんのメニューの予定です。


2014年5月6日(火曜日)

いろいろ身辺にありまして、今年初めてのブログです。

カテゴリー:  21時43分57秒

タケノコの収穫が終わり、山椒の葉、ふきの葉のつくだ煮、マーマレードなどの加工仕事が一段落しました。

5月のクラスメニューは、洋風の家庭料理です。
豚ヒレのチーズ焼きのもとの料理は、子牛肉のウインナシュニッツエルです。買いやすい豚肉でつくることにしました。付け合わせのジャガイモ料理は、ローズマリー風味です。蝶の形のパスタファルファッレにエビ、ホタテ、そら豆、ズッキーニを合わせたさわやかな一品です。
もう一皿は、茄子のサラダ。サワークリームとたらこの組み合わせです。

来月はもう梅干しのシーズン。庭の梅の状態はあまり良くないので心配しています。


2013年12月30日(月曜日)

[無題]

カテゴリー:  17時56分50秒

今年は、和食がユネスコの文化遺産に登録され、盛り上がっています。来年のクラスでは家庭料理のお総菜に見られる和食の良さを、基本からしっかりとらえてメニューに活かしたいと思っています。

1月25日は、和食特別クラスでブリ大根、かきめしなど
おいしい冬の家庭料理をご紹介いたします。

このほかの通常のクラス、1月はお休みです。


明日は、お世ち料理作り。 あさってはお正月! 1年たつのは早い

カテゴリー:  17時18分02秒


2013年11月25日(月曜日)

寒くなりました。イチョウ、サクラの紅葉が進み、これからは、落ち葉掃きのシーズンです。

カテゴリー:  23時41分28秒

来月は師走。月初めには、たくあんを漬ける予定です。このごろは、たくあん用の干し大根、買いにくくなってます。八百屋さんが激減しているし、スーパーの野菜売り場にも並びません。市場で働いている、もと、町の八百屋さんに頼んで
仕入れています。

お正月料理をつくる時期です。つくり手が楽しめるお正月らしい何品かをクラスのメニューに加えました。里芋と金時豆を組み合わせたきんとん、てまりのイメージでマッシュルームの煮物など。黒豆、細巻きたまごなどと盛り合わせます。 

12月21日の土曜日に、煮物、なますなど定番おせちをつくります。お家でつくるおせちは年の始めに心やすまる懐かしい味になると思います。


2013年11月5日(火曜日)

ハナミズキ、ドウダンなどの紅葉はじまってます。

カテゴリー:  22時34分24秒

11月は、洋風家庭料理をつくっています。来月はクリスマスシーズンですが、そんな時にも応用の出来るメニューです。スモークサーモンと黄色いジャガイモきたあかりで、かわいい前菜。人参のクリームスープ。豚肉蒸し煮、きのこソース。リンゴのデザートなど。

先日、信州で野菜をつくっている友達が、ビーツをたくさん収穫して持ってきてくれました。もらった日の夕食にサラダにしようと急いで電子レンジ加熱をしましたら、なんだが苦みがしつこく、やはりこの野菜は、しっかり時間をかけてゆでないといい味を出してくれないんだと反省しました。時間をかけたボルシチは、とてもいい味に。


2013年10月4日(金曜日)

秋の素材の出番です。

カテゴリー:  22時45分45秒

10月は、秋の豊かな素材を使って和の家庭料理をつくっています。

鶏のもも肉をくるくる巻いて、強火で焦げ目をつけてから照り煮に。菊花、しめじ、金針菜のお浸しが付け合わせ。サバは唐揚げにして大根おろしでさっと煮。きんぴらは、ジャコ入りです。まいたけご飯はもち米を使わないのに、もっちり感があります。

先日、ヤマドリタケというキノコをいただきました。イタリアのポルチーニの仲間です。炒めてお醤油をちょっとかけて貴重な味を楽しみました。来年も採れるというので、今度は、リゾットつくろうと思ってます。


2013年8月29日(木曜日)

暑ーい夏です。まだまだ暑い日は続きそうです。

カテゴリー:  21時08分42秒

もうすぐ9月。今年の残暑は厳しいです。熱中症にもまだまだ気をつけなくては。

6月に漬けた梅干しは7月末にできあがりました。この時の副産物の赤梅酢を使って新ショウガを漬け、これもきれいな紅色に仕上がりました。お寿司、焼き魚、焼きそばなどなどに利用します。

9月のメニューは、この猛暑で消耗した体力の回復に、ぴったりの中華です。豚肉の塩焼き、サンマの照り焼きなどを中華味で。にがウリと山芋のあえ物、他にセロリと干しエビ、ナスと花山椒の組み合わせです。 


2013年7月31日(水曜日)

不安定なお天気ですが梅を干しています。

カテゴリー:  16時32分45秒

暑いけれど、1日中日照があるわけではなく、雨がいつ降りだすかわからない。梅を干すにはなやましい日が続いてますがなんとか後1日で仕上げられそうです。赤シソをたっぷり入れ、見ただけで酸っぱーい感じが伝わって来る上出来の梅干しになりました。

先日、豚肉のおいしい焼き方のレクチャーを受けました。決して強火にせず、ジャーッという音ではなく終始チリチリという音に耳を澄ませて焼く方法で、目が覚める思いでした。
早速いろいろと試しています。

8月は夏休みです。


2013年6月26日(水曜日)

梅を収穫し、梅干とシロップ漬けづくりにとりかかります。

カテゴリー:  22時30分15秒

6月5日と9日に梅を漬けました。収穫量は、まあまあの出来です。傷のないもの3キロを選び、梅干し用に追熟させてやや、色づいたところで塩漬けにしました。残り4キロはシロップ用。4日位で水が上がり、来月3日に赤シソを入れる予定です。

7月の教室メニューは、夏向きのいろいろです。赤ピーマンのムース、はすのサラダ。ハンバーグは炒め玉ねぎとパン粉でふんわり仕上げ。ソースは、トマトベースでも、醤油ベースでも。他につめたいス−プそば。具はひき肉、エビ、ニラなどで酸味のきいた醋溜麺です。


2013年6月2日(日曜日)

6月は梅干し、梅シロップ、梅料理の季節

カテゴリー:  16時15分01秒

今年はもう梅雨に入りましたが暫くは晴れ間が続きそうです。
庭の梅の出来は、質、量ともにあまりよくありません。でも
シロップ漬け用に2キロ収穫。2,3日後に、梅干し用を
採るつもりです。

今年は梅干しのクラスを6月5日にいたします。八百屋さんから良い梅を入れてもらいます。

6月の通常クラスでは、梅干しを使う料理を計画しましたが、昨年は梅が不作だったので自家製のものが使えなくて残念です。
アジの梅和え、ささみのはさみ揚げにシソと梅肉を使います。さっぱり味のタンパク質摂取が出来ます。
冷やしそうめんに煮なすを合わせて夏向き麺料理。長いもの寒天寄せもつくります。時間に余裕があるクラスでは、カボチャとなすの酢のものもつくって見ようと思っています。

5月25日、外国の家庭料理のクラスを開きました。スリランカのプロバートさんのお国料理でチキンカレー、ダール豆のカレー、茄子のモージュ、パパダムを教えて頂きました。
チキンカレーは、焦がし炒めたカレー粉とカレーの木の葉を使い、日本で慣れているものとは一味もふた味も違う味わいとなりました。豆のカレーは、ココナッツミルク仕上げのやさしい味。茄子のモージュは、揚げ茄子にトマト、タマネギを組み合わせたあえ物でした。パパダムは、豆粉の揚げ煎餅で、カレーに砕いて入れたり、そのまま食べたりします。
スリランカの料理を食べるのは初めての方ばかりで、楽しいひと時となりました。


2013年4月30日(火曜日)

[無題]

カテゴリー:  16時34分08秒

4月は、天候不順。桜は充分楽しめましたが、ひどく寒ーい日もありました。このような気候なのに、なぜか庭のたけのこは例年より早く出てきて、5月のクラスの頃には、品薄になりそう。期待している青梅も落ちてしまうのが多くて気が気じゃありません。

5月は韓国と中国の家庭料理です。ナムルをいろいろつくってご飯にのせるビビムパフ。ワカメの澄ましスープ。
タケノコと春雨の煮込みなど。柔らかい庭のタケノコが出せるといいなあと思っています。

久しぶりに、外国の家庭料理を教えていただくことになりました。スリランカのプラバートさんが、チキンカレー、ひよこ豆のカレー、茄子のモージュ、パパダム(豆粉の薄焼き)を紹介して下さいます。5月25日(土)11時からです。
ぜひつくって食べて楽しいおしゃべりに参加して下さい。


5月のメニューは、韓国、中国まぜ混ぜです。

カテゴリー:  15時49分36秒


2013年4月3日(水曜日)

梅が小さな小さな実をつけました。

カテゴリー:  11時12分47秒

3月22日に沖縄に出かける前、庭の桜が満開に近くなり、帰る頃には、散りはじめてるなあと思っていたら、26日に戻った時もほとんど同じ状態で、今日もまだ花びらが風に飛ばされています。長く花見を楽しめた2013年。

沖縄は気温が上がらず、特にヤンバルは涼しかったです。ヤンバルクイナを数回見かけました。ペンションの近くでは特徴のある鳴き声も聴こえました。植物画を描くグループの方たちとご一緒したので、ゆっくり植物を観察することが出来ました。

海岸で地元人に教わってアオサ(アーサー)を摘んできました。少し時期が遅くて硬いということでしたが、細かくたたいて薄焼き卵に入れたら、春らしい香り、色どりで素敵な味でした。

4月のメニューは、洋風家庭料理。春野菜の蒸し煮は、そら豆やタケノコも入れます。パスタは春の色に仕上げ、イチゴを添えようかな。グラタンに使うホワイトソースは鍋でつくるか、電子レンジを使うかクラスごとに選んでいただきます。中身は鶏肉とほうれん草。デザートはカステラ入りのコーヒーババロアです。


2013年3月3日(日曜日)

もう3月。今年は庭の梅が今日満開です。

カテゴリー:  18時03分37秒

寒かった2月は、さっと逃げてしまいました。
遅かった庭の梅もようやく満開となり、メジロが蜜を求めて
枝を揺らしています。まだ寒さは戻るようですが、春は来ているという気分です。

3月のクラスメニューは、御台所寿司が中心です。名前の通り、お台所にいつでもあるような材料でつくるお寿司で、地味目な仕上がりながら味わい深いものです。
ひな祭りは、ハマグリのお吸い物が定番ですが、今回は丁寧な作りのアサリの味噌汁にしました。美味しい出汁を引きますのできのこのとろろ和えもつくります。
菜の花は趣を変えてレバーとの炊き合わせです。

2月に、江戸の料理書にある大根料理について、「なべや」のご主人、福田浩氏からご指南を受けました。興味深いお話と実演でした。


2013年1月31日(木曜日)

1月ほんとに寒い日が続きました。

カテゴリー:  21時58分36秒

今年の1月、ほんとに寒かったです。梅も寒そうですが、花のつぼみはたくさんついています。咲いた後で、2月に寒さが厳しくなるのが心配です。

2月は、中華メニュー。蒸し器、電子レンジを使って蒸し料理です。季節野菜の白菜に乾物を合わせた蒸白菜、電子レンジ利用のおこわ、太ねぎのあえ物、湯葉の点心など。

風邪や花粉症に気をつけて美味しいものを目指しています。


1月ほんとに寒い日が続きました。

カテゴリー:  21時57分37秒

今年の1月、ほんとに寒かったです。梅も寒そうですが、花のつぼみはたくさんついています。咲いた後で、2月に寒さが厳しくなるのが心配です。

2月は、中華メニュー。蒸し器、電子レンジを使って蒸し料理です。季節野菜の白菜に乾物を合わせた蒸白菜、電子レンジ利用のおこわ、太ねぎのあえ物、湯葉の点心など。

風邪や花粉症に気をつけて美味しいものを目指しています。


2013年1月6日(日曜日)

2013年1月メニュー エコクッキングをめざす!

カテゴリー:  13時42分56秒

2013年のお正月。かなり寒いお正月になりました。
新年のクラスは、1月11日から始まります。
今年のメニューは、美味しくてつくりやすい物をいろいろ考え、つくる時は、いつもエコクッキングを心がけたいと思っています。

1月のメニューは、冬の素材を使い洋風に家庭料理を仕上げます。
 ・かぶのスープ  
 ・タコときのこの温菜 タコをやわらかく加熱。
 ・タラの蒸し煮
 ・じゃが芋のガレット 小さめに焼きます。

庭の梅はもう花芽をつけています。去年は梅の収穫前に前に
ヒョウに打たれ大不作でしたが、今年は上手くいくといいなあと祈る気持ち。


2012年11月30日(金曜日)

今年最後のメニューはやはりお正月料理

カテゴリー:  16時17分43秒

今年の紅葉はとってもあざやかな色に決まってます。
この後、落ち葉掃きのシーズンになり、冬本番になりますね。

12月は、お家でつくるお正月伝統メニューとして、伊達巻き、田作り、柿なます、くろまめをつくります。
ほかに、人が集まる時に便利な醤肉(ジャンロウという中華。いわゆる煮豚)を丁寧に仕上げます。信田巻き、カキの辛煮はお正月ばかりでなくお家料理として楽しめます。

お正月料理にもいろいろ変化が見られますが、伝統的なものをしっかり伝えたいと思っています。合わせて日持ちの良い、お家でつくる人が楽しんでつくれるものがいいなあと思っています。


2012年10月27日(土曜日)

11月メニューはクリスマス、正月にも使える中華。

カテゴリー:  11時19分59秒

ついこの間まで30℃近い日々もあったのに、朝夕、涼しいを通り越して寒ーい毎日です。

11月のメニューは中華です。クリスマス、お正月も近いので応用のきくものとして、鶏の赤ワイン煮を選びました。中国のワインの歴史はかなり古いのだそうです。
蓮根のあえ物は、トウガラシの辛みを効かせます。芝麻ババロアは、ゴマを使ったデザート。
葱焦芋は、葱の焦げた香りを生かす根菜料理で冬のおかずにぴったり。

特別クラスでは、ローストチキン、クリスマスサラダを華やかにつくります。

先日、江戸の行楽弁当の会に出席し、当時の食についていろいろな話を聞く機会がありました。
江戸時代は、それ以前に比べると、大量生産が進み、流通経路が発達し、現代社会のミニ版の感じなのです。
情報化も進み、沢山の料理書や、グルメガイドなども出版されています。

この様に現代とよく似たところがある反面、全てを使いつくす循環型の暮らしが自然に行われていた点は、廃棄物の処理になやむ現代とはかなりの違いがあるようです。
使った物、残り物の行方について、現代人はもっと考えなくてはと思いました。

24日、話題のスカイツリーに行ってきました。634m。高ーい!!


2012年9月25日(火曜日)

10月は秋の素材でイタリアン

カテゴリー:  17時26分26秒

20日過ぎからすっかり涼しくなり、まわりには風邪をひいてしまった人もいます。
冷たい麦茶よりもあったかいほうじ茶がほしくなり、気温と食べ物の関係をしみじみ感じてます。

10月のメニューは秋の素材を使い、イタリアンにしました。
ブドウと鶏肉のサラダ、タコとブロッコリーで温サラダをつくります。
お魚のグラタンはトマト味のソースです。カジキを使うつもりですが、秋サバもなかなかいいものに仕上がるので合わせてご紹介したいと思ってます。
かぼちゃのプチケーキはハロウインのプレゼントにもなります。

このところ、90歳を超えた方のお元気な話題が多いですが、最近、私が小学校の時にお世話になった91歳の先生にお会いしました。今も保育園のお仕事をなさっていて、
声も明るく、何でもよく召し上がるのを見て感動しました。食べる事は大事を再確認。


2012年9月3日(月曜日)

放射性物質に抵抗できる食事をつくります!

カテゴリー:  23時13分26秒

暑い暑い8月が終わり、9月に入って少し温度が下がってきました。

9月のクラスを明日から始めます。

放射線の人体への影響についての話を8月に聞き、野菜、青色の魚、発酵食品などが、放射性物質に対して抵抗力があるということを思い出しながらメニューをつくりました。日本の普通の食材の力をしみじみ感じます。

サバの照り焼き、千切り野菜たっぷり添え。揚げ茄子味噌田楽。きのこ汁。蕎麦だんごとゆで小豆をつくります。出来上がったばかりの紅しょうがも、どこかに添えようと思ってます。


2012年8月21日(火曜日)

夏は暑いに決まってるけど暑いです。

カテゴリー:  16時15分37秒

暑い毎日、いつまで続くのでしょう。適切冷房と麦茶で乗り切るしかないか。

8月半ばに、放射線の人体への影響を研究している宮川隆さんのお話しを聞く機会がありました。
食物から体内に取り入れられた放射性物質は、体内で放射線を出し、内部被曝という状態になり、頭痛、鼻血、下痢症状、さまざまな体調不良、免疫力低下、発ガンなどが引き起こされる原因になります。
真夏の怪談話よりずーっと怖いお話でした。
この様な影響を抑えるには、毎日取り入れる食物が大切な働きをします。たとえば野菜、イワシ、アジ、サバなどの青色の魚、みそ、納豆などの発酵食品、緑茶。これって日本人の食卓にしょっちゅう並んでいるものです。ビタミンCの多い果物、ポリフェノールの多い赤や紫のベリー類、それからワインも有効。日本食は耐性が強いとのことでした。

この日は、会を企画した岡戸めぐみこさんが宮川さんのお話を受けて、耐放射線物質メニュー料理をいろいろつくって下さいました。
・鶏の手羽先カレー風味焼き(カレー粉に使われるスパイス類もかなり有効)
・茄子のごまみそ炒め   ・山芋の梅和え   ・きゅうりとかぼちゃの糠漬け
・玄米お握り(梅入り)、十六穀米お握り(サケ入り)  ・味噌汁(アゴ出汁)豆腐わかめみょうが
・デザート(ヨーグルト、煮リンゴ)

9月のクラスももうすぐ始まります。和食のメニューでお待ちします。


2012年7月31日(火曜日)

暑い毎日。美味しいものを食べて乗り切ろう!

カテゴリー:  17時37分31秒

今年の梅雨明けは7月17日でした。18日から、梅漬けをざるに並べて干し始め、20日には仕上がるかと思っていたのですが、曇天やにわか雨などに邪魔をされ、干し上げた気持ちになったのは23日過ぎでした。今年の梅干しはちょっと不満の残る出来栄えです。でも、これからの1年、お弁当に入れたり、お茶漬け、煮魚、その他いろいろ料理で活躍してもらいます。

7月末には、ちょっと面白いイベントがありました。お友達5人で、お誕生日に集まってお食事をされていたのを、今回は自分達たちでお料理をつくり、それを食べながらお祝いしようという企画をされ、家庭でつくれるおもてなし料理を教えてもらえないかという提案を受けました。何だか楽しげな集まりだなあと思わず乗ってしまいました。

当日のメニューは、アジの三枚卸ししょうが酢和え、揚げ茄子田楽味噌、イカと細切り野菜の胡麻和え、奄美の伝統料理 鶏飯(けいはん)の4品でした。皆さんにとって初めての場所でしたが、2時間半くらいでおいしいものが仕上がり、喜びのうちに試食。持ち込みのバースデイケーキで盛り上がり、満足のひと時となりました。
大学卒業後、10年とのこと。仲良くこの様な集まりを続けておられるのは素晴らしいことだと思いました。私も初めての経験!とっても楽しかったです。


2012年7月15日(日曜日)

今年の梅通信。 梅干しとシロップ。

カテゴリー:  13時52分42秒

まず、梅通信です。
結局今年の梅の収穫量は、全部で2.8キロでした。無傷のものは梅干し用にしましたが、たった1キロ。友達のお隣の方が梅干しはつくらないのでと1キロ分けて下さって、やっと2キロになりました。大きさが違う梅を漬けたのでちょっと心配でしたが、白梅酢もちゃんと上がってきて赤シソも入れ、梅雨明けを待って梅干しの仕上げに入ります。
残りは、キズモノでしたが、ダメな部分を削り取ってさとうで漬け、シロップをつくりました。原料が良くなかったので少し泡が出てきましたが、冷蔵してご機嫌を取ってようやく1リットルくらい出来上がり。今、寝かしてあります。

クッキングクラスの7月メニューは、夏に向かって元気の出る中華。暑いので、キッチンに立つ時間をあまりとらない5品です。きゅうりと牛ひき肉、コンニャクと豚肉であえ物2品。揚げ茄子辛味だれ、ぷりぷりエビとかぼちゃの炒め、そして酢醤油で食べるワンタンです。好評でした。

関東地方は、まだ梅雨が明け開けませんが、夏はすぐそこ。暑さに負けずにしっかり食べましょうねッ!


2012年5月30日(水曜日)

[無題]

カテゴリー:  17時04分29秒

6月は梅の実の季節です。例年、庭の梅をいつ採ろうかと考えるのですが、今年は、ちょっと状況が良くないです。
5月はじめから梅の実がポロポロ落ちてくるので、「あまり落ちないで」と祈りながら見ていたのですが、雹、風など悪条件が重なり、どれほど収穫出来るかどうかわかりません。自然が相手では採れただけで漬けることになります。

6月のメニューは野菜を沢山組み合わせたイタリアン。
トマト、茄子、パプリカ、ズッキーニ、新じゃが、いんげん、新キャベツなど、あれこれ使います。
カポナータは、本来は、野菜だけの煮込みですが、地域によっては、魚介も入ります。今回は、エビとイカ。

パスタはペンネを使い、揚げ茄子をたっぷり。サラダは新じゃがといんげん。鶏肉の付け合わせには、アスパラ、新キャベツ、キノコ類を合わせてソースを仕上げます。

http://www.youtube.com/watch?v=DHyb0aYLuWo


6月はウメの実の季節 梅干し、梅シロップ作り

カテゴリー:  16時56分28秒


2012年5月12日(土曜日)

庭のたけのこと梅情報

カテゴリー:  22時06分17秒

5月のクラスでは、裏庭の竹やぶから掘ってきたタケノコを使いました。
今年は気候がややきびしくて、タケノコが出てくるのがだいぶ遅く、ちょっと心配でしたが、4月半ば過ぎからやっと出始め、ちょうど5月のメニューに間に合いました。
町の住宅の中の竹やぶなので、少し小ぶりですが、やっぱり堀りたてをすぐに茹でたものはとっても柔らかくおいしいです。

庭の梅も小さな実がだんだんに大きくなっています。でもこの頃の強い風や雨や雹のためか、毎日ポトポト落ちてくるんです。6月にの収穫前に落ちてくる粒のことをジューンドロップと言うんだそうです。でも今は、まだ5月。メイドロップというんでしょうか。
あんまりたくさん落ちないで、と祈っています。梅干し、梅シロップの原料ですから。


2012年5月2日(水曜日)

[無題]

カテゴリー:  21時47分26秒

5月のメニューでは、自家掘りのたけのこを使い、タケノコと青豆のご飯、タケノコや新ゴボウなどの野菜をたっぷり使った沢煮椀をつくります。煮魚は、その日に手に入った魚(カレイ、メバル、カサゴなど)を使ってつくります。話題の塩麹も登場。豚の肩ロースを漬け込んで炒り焼きをつくります。

今年のタケノコは少し小さめです。出てくるのも遅かったし。寒かったからしょうか。柔らかくておいしいですけど。


タケノコが出てきました。

カテゴリー:  21時17分32秒


タケノコが出てきました。5月のクラスメニューは自家掘りを使って

カテゴリー:  21時15分05秒


2012年3月29日(木曜日)

4月のメニューは、旬の野菜を使って中華。

カテゴリー:  21時53分38秒

桜がまだ咲かないのにもう4月になります。あと3日で咲くかなあ。

4月のクラスでは、たけのこやアスパラガスを使い、中華料理をつくります。アスパラにかけるカニあんは泡立てた卵白でふわふわに。たけのこは、鶏肉と煮込みに。スペアリブは電子レンジを使い、骨離れよく仕上げます。タピオカデザートもお楽しみ。

ショカッサイという植物、春先に紫色の花が咲き、道端や、庭先で見かけます。若い葉先をお浸しにしてみました。あくのない、
柔らかい味でした。

http://www.youtube.com/watch?v=VHVWOs2CDDE


2012年3月17日(土曜日)

3月のメニューはパイ中心でした。

カテゴリー:  21時46分57秒

3月1日、ようやく梅が1輪咲きました。昨年は2月8日に開花しています。今年はほんとに寒いんです。今、梅は満開でメジロがせっせと受粉のお手伝いをしています。梅干しの原料の梅の実がしっかり育つといいなあと思っています。

3月のクラスメニューは、調理パイを中心に、アサリ、ホタルイカ、菜の花などを使って洋風にまとめました。

2月25日、留学生ビーさんにタイの家庭料理を教えていただきました。エビのサラダ(タイ式カッテイングをした野菜を添えたもの)、グリーンカレー、トムヤムクンなど。デザートは、里芋、南瓜をココナッツミルクで煮たもので珍しい味でした。

2月26日、留学生に3月3日のひな祭り料理の講習をしました。きれいなちらし寿司、茶碗蒸しなどをつくり、いろいろおしゃべりをして楽しいひと時を過ごしました。


2012年3月15日(木曜日)

3月もまだ寒ーい。

カテゴリー:  23時24分36秒

文字化けになっています。早く治したい。


2012年3月13日(火曜日)

?R??????[??B

カテゴリー:  22時25分17秒

??N???[????????B???~??R??P?????????????B??N???L?????Q??W?????????B??????????g????????????B?~??????????????????S?z?B??????J????A???W?????????????`????????B

??N?P?Q???????????A?Q????H??n?????????????d??????B


2012年1月20日(金曜日)

2012年 今年も食を大切に過ごします!

カテゴリー:  16時52分40秒

今年初めて雪が積もりました。といっても2cmくらいで夕方には庭にすこーし残っているばかりです。それでもとっても寒くて、大雪の地域の方は大変なことだと思っています。

お正月の一日、中国とタイの留学生とその方達の日本語の先生ご夫妻と共に、日本のお正月料理を楽しみました。短い日本での留学生活の中で、日本の家庭で作るお正月料理を経験していただけたらと思い、毎年続けています。

クラスは11日から始まり、酢豚やエビの煮込みなどの中華料理をつくっています。アマグリ入りの炒飯好評です。

ちょっとお知らせですが、クッキングクラスきむらyoutube でクラスの風景を見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=DHyb0aYLuWo


2011年12月31日(土曜日)

もうすぐ2012年。 自家用のおせちづくりで忙しーい。

カテゴリー:  17時15分39秒

自宅おせちは、数の子、ごまめ(松の実入り)くろまめ。アナゴの昆布巻きをつくる予定でしたが、焼きアナゴのいいのが手に入らず、急遽、鶏肉と牛蒡で仕上げました。これもおいしいけどちょっと残念。ブリは、佐渡のいいのが入ってきて例年通り、昆布締めにしました。そのほかいろいろ。お料理にかかりきりで、お掃除は、すべて家人に任せてしまいました!感謝です!

1月のクラスは、11日から始めます。おなじみの酢豚を丁寧に、しかし、素早くつくります。エビと春雨煮込み、あまぐり入り炒飯など。

近所の留学生会館が2012年3月で閉館になります。留学生を先生に世界各地のお料理を紹介してきましたが、2月に予定しているタイ料理でひとまず終了となりそうです。また別途先生を探す方法を考え中です。


2011年12月5日(月曜日)

お正月料理始まりました。

カテゴリー:  18時12分05秒

今年は、あっという間に過ぎ去りそうです。11月のロ−ストチキンが終わり、たくあんを漬け、お正月向け料理を始めています。シリコンスチーマーやフードプロセッサーを使って短時間でおいしく仕上げるものと、ちょっと手間をかける
煮物、酢のものを取り合わせました。

エビのトウチ蒸し、とりももの山椒蒸し、岩石玉子、煮しめ、コリアンダー風味のピクルス、黒豆などです。

11月最後の日曜日には、留学生向けに、日本のおせち料理をつくる会を開き、楽しい時間を過ごしました。


2011年11月15日(火曜日)

毎年恒例の芸術祭国際レストラン 今年も珍しいお料理に出会えました。

カテゴリー:  18時20分12秒

毎年楽しみな国際レストラン。あれこれ試食ができました。
アゼルバイジャンのクルミをいっぱい使ったポテトサラダ、バングラデシュのパコラという野菜の揚げもの、日本の家庭料理にも応用できそうです。
イランはスパイスをたっぷり使う料理やケーキが多く、サフランケーキ、シナモンボール、大型のミートボールなどを楽しみました。


祖師谷国際交流会館で11月13日日曜日に芸術祭がありました。

カテゴリー:  17時57分33秒


2011年10月20日(木曜日)

11月メニューで早くもクリスマス料理

カテゴリー:  21時15分00秒

この間、十三夜のお月見だったのに、昨日はもう11月中旬の寒さだったそうです。カゼなどに気をつけなくては。

11月のメニューには、早くもクリスマス向けの料理が入ります。シンプルなローストチキンにおいしいグレイビーソース。リンゴのソースもよく合います。 ブロッコリーのトマトソースグラタン、ほうれん草とジャガイモのサラダなどと組み合わせます。

そして12月初旬にはたくあん漬け。


2011年9月30日(金曜日)

10月のメニューは、秋の素材で中国、韓国料理

カテゴリー:  13時54分37秒

9月の台風では、町内のアカマツ、エノキ、イチョウなどが倒れたり、折れたりしました。

10月のメニューは、ちょっと珍しい里芋のスープ。豚肉と大根の煮込み。ビーフンをスパニッシュオムレツ風にまとめたものなど。

10月1日は、お味噌の仕込みです。


[無題]

カテゴリー:  13時33分49秒


10月のメニューは、秋の素材で中国、韓国料理

カテゴリー:  13時33分10秒

東京は久しぶりの台風。近所のアカマツ、ケヤキ、イチョウなど倒れたり、折れたりでした。

10月は里芋、梨など使い、韓国、中国料理を作ります。ちょっと珍しい里芋のスープ。豚肉は、大根と煮込みます。ビーフンはスパニッシュオムレツ風にまとめます。

1日は、お味噌の仕込みです。


2011年8月26日(金曜日)

暑さの峠は越えたみたいですが 残暑は相当厳しそうです。

カテゴリー:  23時15分13秒

暑い、暑いとダラダラしているうちにもう夏休みが終わります。酷暑を避けて干した梅干しも仕上がり、とれた赤梅酢できれいな紅ショウガを漬けました。梅干しクラスに参加した方、梅干しと共に紅ショウガもお渡しします。

9月のクラスは、ナス、ピーマン、トマトを使ってイタリアン。
夏の疲れを吹っ飛ばましょ。


2011年7月25日(月曜日)

夏バテ防止対策 やっぱりカラダにいいものを食べることです

カテゴリー:  15時01分54秒

8月は、夏バテ防止のためのクラスを計画しています。冬瓜と肉団子のスープを中心に、南瓜のゴマだれかけなどつくります。
  8月12日 (金)18時30分
    20日 (土) 13時
豚肉は疲労回復にはぴったりの食材です。牛肉があれこれ話題になっているこの頃、価格も牛肉より買いやすいし、おいしく料理してどんどん食べましょう!


2011年7月19日(火曜日)

7月の特別クラスは、スエ―デン料理でした。

カテゴリー:  17時38分17秒

梅雨明けがものすごく速く、その後の暑さも半端じゃなかったです。あまりに暑いので、7月初めのクラスメニューのイワシ団子、傷みが出るのをおそれ、内臓処理済みのものを使いました。中骨を指でしごき取るところから始めましたが、ほんとは初めからやりたかったです。 すり身にしたものを揚げ、夏野菜と共に甘酢に浸けました。こんにゃく、はんぺんなどの酢味噌和え、豚肉とワカメの炒め煮、豆腐とアボカドのあえ物の4品、暑くても食欲の出るお家料理です。

特別クラスでは、スエ―デンの留学生、ビョーンさんがサフラン入りのサケのスープを教えてくださいました。スープと共に食べるパンは、前の晩にビョーンさんが留学生会館のキッチンでイーストで発酵させた生地を焼きあげて、持ってきてくれました。
ちょっと甘みのあるおいしいパンでスープとよく合いました。感激! もう一品はオートミールとココアでつくるチョコレートボール。簡単につくれる素敵なスイーツでした。

台風6号が近ずいています。これをやり過ごしてから6月に浸けた梅を干す予定です。


2011年6月24日(金曜日)

梅の収穫1キロ、梅シロップを漬けました。

カテゴリー:  18時14分11秒

買った梅で初めて梅漬けをしました。「来年は、せめて3キロくらいはなってよねー」と葉ばかり青々繁っている梅に話しかけています。教室で漬けた梅も、自家用もしっかり水が上がり、白梅酢の中で赤シソを待っている感じ。赤シソもお店に並び始めたので、来週あたり、梅酢に浸けて赤梅酢にしなくては…

早い梅雨入りの後、かなりの暑さになっています。ほんとの夏になったらこんなもんじゃないよねと思っています。

今年は、節電の夏になりますが7月のメニューは和食です。
酢みそ味の冷やし鉢、たっぷりのワカメと豚肉の煮物、揚げ魚のおろし煮ー季節の野菜も添えます。冷たい豆腐とアボカドの取り合わせなど。

特別クラスでは、留学生ビヨンさんが、スエ―デンの家庭料理、サフラン入り魚のスープとパン、チョコレートボウルを教えて下さいます。


2011年6月14日(火曜日)

庭の梅、超不作。 不安的中でした。

カテゴリー:  15時23分54秒

梅の花が終わったころに雪が積もり、なんだか心配だったのですが、毎年、10キロ以上は採れていた梅、ほとんど実をつけませんでした。40年位、いつも今頃庭で梅もぎをしてきて、多い年、少ない年はありましたがこんなことは初めて。今年の分の梅干しは八百屋さんで買ってきてつくることになりました。


2011年5月27日(金曜日)

今年は、5月に梅雨入り。梅の収穫量を心配しています。

カテゴリー:  22時00分37秒

今年の気候は、かなりいつもの年とは違います。庭の植物の様子をみると、4月はタケノコの成長がおくれ、5月に育つ梅の実の量がとっても少ないなど心配なことが多いのです。5月に梅雨入りなんてびっくりです。

6月11日に梅干しを漬ける予定ですが、質、量ともに心配しています。

料理教室のメニューでは、オクラのキーマカレーを中心に構成してます。チャパテイーまたはナンを合わせます。たっぷりの野菜やホタテ、エビを組み合わせた冷菜。春雨のスープ。自家製のヨーグルトも登場させるつもり。


2011年5月3日(火曜日)

タケノコ、4月半ば過ぎからニョキニョキ出てきました。

カテゴリー:  22時29分48秒

今年のタケノコ料理、4月の後半クラスでは自家産を使うことができましたが、4月半ば過ぎまで竹やぶはシーンとしていました。低温や乾燥のためでしょうか。思いついて竹やぶに水撒きしたりしたんですよ。タケノコこにあわせていつも使っていたワカメ、地震の被害が大きかった石巻産だったのでお店にありません。今年は、ヒジキと合わせてみました。この組み合わせもなかなか美味しいですが、いつものワカメが食べられるようになりますように。

来月はもう梅干しの季節ですが、今年の梅はちょっと元気なく量が少ないです。花が咲き始めたころ、雪が降ったり、低温が影響しちゃったみたいです。玄関わきのハッサクはたくさん花がついてます。今年もいっぱい実をつけてね。

5月のクラスメニューはチキンレバーのソースとピラフを合わせました。ムニエルのように焼いたたサケには、パプリカのソースをかけます。季節の野菜でグラタンとサラダも。おたのしみに。
後半のケーキクラスでは、イチゴのクラフテイとナッツ入りスコーンの予定です。


2011年4月6日(水曜日)

ようやく庭の桜が咲きました。タケノコはまだ出てきません。

カテゴリー:  17時47分21秒

あの大揺れからもうすぐ1ヶ月です。食材についてのいろいろな風評に振り回されずに、落ち着いて過ごさなくちゃと思っています。地震当日の夜のクラスは中止。電車が止まってしまってお勤めの方は、帰宅が大変でしたね。

3月19日、留学生に日本料理を教える会を企画していましたが、エントリーしていた方の3分の2が地震のあと、すぐに帰国されました。残った3人と茶碗蒸しやちらし寿司を楽しく作りましたが、よく来てくれたなあという思いでした。 2月の末に、ネパール料理を教えて下さったプラミラさん一家もすぐに帰国。情報が飛び交い、故郷のご家族が、みなさんとっても心配されたようです。やっぱりこわかったんだなあと思いました

4月は、材料の仕入れや、電力事情などを考えて第2週から始めることにしました。マーマレードは、材料が自宅の庭で採れるので
第1週の2日ににつくり、マーマレードケーキもおいしくできました。

4月のメニューは、旬のたけのこで煮物や、あえ物。蓮根のコロッケ、タコとアスパラガスの素揚げなどです。庭のたけのこが間に合えば、お味噌汁にと思ってますが今年は、寒さのせいでまだ気配も見えないんです。山椒は芽吹いてきてるので、あえ物に使えそう。


2011年3月6日(日曜日)

3月はアサリ、イカ、エビなどに野菜を組み合わせておいしいおかずの数々です。

カテゴリー:  18時07分24秒

2月26日、ネパールの留学生プラミラさんにお国の家庭料理を
教えていただきました。クミン、チリ、ターメリック、コリアンダー、フェヌグリークなどの香料を使い、3種のお料理をつくりました。鶏肉といろいろな野菜を炒めたタルカリ。白ゴマたっぷりのポテトサラダ、レンズ豆のスープ・・ダル。全てご飯と一緒にいただきました。ここちよい独特の香りは、いまもキッチンに残っています。最後に、プラミラさんが持ってきて下さったネパールのお茶にカルダモンとクローヴの香りをつけ、ミルクテイーにして飲みました。気持ちが落ち着く味わいでした。

3月のクラスのメニューは、中華では珍しく酢を混ぜたご飯に、いろいろな具材を加えた八宝菜飯。他に、アサリ、イカ、エビ、鶏肉をそれぞれ使ったおかず料理4品です。


2011年2月8日(火曜日)

2月は、和食。今年はブリが大量です!

カテゴリー:  21時38分01秒

2月に入ってすこーし寒さが和らいできました。家の梅はようやく今日咲き始め、夏蜜柑は、おいしそうに色付いています。12月に浸けたたくあんはとっても美味しく漬け上りました。私のたくあんは、塩と糠だけのクラシックなもので、ファンが大勢おられます。

2月のクラスメニューは、ブリに胡麻をまぶして焼いています。刺身、照り焼きや、ブリ大根などのブリ料理に飽きた時に、これは!と喜ばれる一品です。なめこ入りの茶わん蒸し。そして2種類の太巻のお寿司です。

2月初めの特別クラスでは、レバーペーストとキムチをつくりました。最終土曜日には、ネパールの家庭料理を留学生のプラミナさんに教えていただきます。


2011年1月10日(月曜日)

2011年、相変わらず、家庭でつくるおいしい料理を追求してすごします。1月のメニューはイタリアン。

カテゴリー:  15時54分36秒

明日からクラスが始まります。寒い毎日ですが、カゼをひきにくい体づくりにしっかり食べましょう!

1月のメニューは、冬素材でイタリアン。豆と肉の煮込み、カリフラワーにちょっとリッチなチーズソース。タラをジャッと焼いて野菜を絡めた手早い一品にきゅうりと人参のサラダを合わせます。

庭先のハッサク、小ぶりながら、なかなかおいしく元気のもとになっています。


2011

カテゴリー:  15時33分39秒


2010年12月30日(木曜日)

自家用のおせちづくりで大忙し。

カテゴリー:  10時22分10秒

今年も残り2日となりました。
自家用のおせちは、くろまめ、ぶりの昆布締め、かずのこ、栗きんとんなど。31日は、いろいろな根菜を小さく切って旨煮をつくります。お雑煮用の根菜も小さく切って茹でておき、準備完了!


2010年11月30日(火曜日)

12月はクリスマス、正月向けメニューです

カテゴリー:  11時37分56秒

11月の中華メニューでも、トッピングによってクリスマスやお正月料理に利用できる紅焼鶏塊を紹介しましたが、12月は、中華風のローストビーフが登場です。たたきの感じですが、お家で手軽に楽しめます。
ぶりの大根巻き、ポテト茶巾は甘くないおせち。煮なます、お雑煮、くろまめは、昔からの正月料理です。

17日(金)は伝統的正月料理。お煮しめ、栗きんとん、錦卵、紅白なますなど。10時からですが、夜のクラスもご希望があれば開きます。 
毎年、留学生のために、このような正月料理の講習会を開いているのですが、現在は、日本人にも必要だなあと思い、計画しました。


2010年11月24日(水曜日)

ブルガリア料理

カテゴリー:  22時57分45秒

10月16日ブルガリアの留学生、イヴァさんにヨーグルトをたっぷり使ったブルガリアの家庭料理を教えていただきました。

先ず、パプリカ、なす、トマトにひき肉入りの炒めたご飯を詰め、オーブンで焼き、パセリ入りのヨーグルトをかけました。
雪のお姫様(スネジャンカ)という素敵なネーミングのサラダは、ヨーグルトを布巾に包んで水分を取り、さいの目切りの胡瓜とくるみ、おろしにんにくを加え、塩、こしょう、オリーブ油で味をつけます。本来は、丸めてかたいボールのように整えるのですが、日本のヨーグルトは少し柔らかめなので、小さいガラス器に入れました。
デザートもヨーグルト入りの焼き菓子。もちもちした舌触り。温かいシロップをかけ、バターとココナッツをのせました。これは、イヴァさんのおばあさまがよく作ってくださったものだそうです。

11月20日、お正月料理を留学生に紹介しました。アルメニア、中国、韓国、モンゴル、アメリカからの学生8名で、筑前煮、錦卵、栗茶巾、紅白なます、お雑煮を作りました。
せっかく日本に来ているのですから、伝統的な日本のお正月料理を少しでも楽しんでもらいたいというのが目的です。


2010年11月4日(木曜日)

11月の中華好評です。

カテゴリー:  20時34分38秒


2010年11月2日(火曜日)

急に寒くなりました。畑のゴーヤ、シソなど最後の収穫をしました。

カテゴリー:  23時16分02秒

フェンスに絡まっているゴーヤも最後の1本となり、シソの穂も葉も今年はよく利用したなあと小さな畑を眺めています。
シソの穂の塩漬けは、お豆腐に乗せたり、ご飯にふりかけたり、おにぎりにしたりと毎日素朴に楽しんでます。
今日は、最後のシソの葉で「ジェノヴァペーストもどき」をつくりました。枝ごと取ってきて、葉をむしり、残っていた緑の穂先も一緒にチーズ、松の実、くるみと合わせてフードプロセッサーで一息にペースト状。オリーブ油で適当にのばし、細めパスタにからめました。おいしかったという満足と育てたシソをぜーんぶ使い切ったという満足でいい気分です。


2010年10月31日(日曜日)

11月クラスメニューは、乾物の戻しを追求する予定です。

カテゴリー:  17時56分49秒

秋を通り越して一気に冬になってしまった感じです。植物の紅葉もどのような色に仕上がるのでしょう。

11月は、いろいろな乾物の食材を、上手に戻しておいしく仕上げるつもりです。金針菜(ユリ科の植物のつぼみ)、きくらげ、
干し貝柱、干し湯葉などを使います。メニューは紅焼鶏塊、炒青梗菜、棒棒鶏、そして梨の点心です。

今日は、私の所属している教会のウェルカムデーでした。教会ってどんなところで何やってるのかなあって思っていらっしゃる方にいらしていただくイベントです。台風もなんとか過ぎ越し、結構たくさんの方が参加してくださってよかったです。ミサの後、中庭でカフェ。食べるものいろいろ。私もカボチャのマッフインをつくりました。

12月もうすぐ。11月末にはローストチキン。12月4日には、たくあん漬けをいたします。


2010年10月3日(日曜日)

10月のクラスメニューは秋の素材で和食です

カテゴリー:  16時54分34秒

猛暑の9月が過ぎ、ようやく秋の気配。と思えば、急激に温度が下がり、また蒸し暑くなったりの日々です。庭の梅のこずえの葉先は何となく元気がないみたいで気になります。

10月の和食メニューが始まりました。サンマは、わたぬきしないで塩焼きがふつうの食べ方ですが、三枚卸しにしてタレに浸け、竹串で形を整えて焼きます。季節もののきのことサケのつみ入れ汁。電子レンジやフードプロセッサーを使って白和えのもとづくり。ご飯ものにいなり寿司の四品です。

16日の特別クラスは、留学生イヴァさんのヨーグルトをたくさん使ったブルガリアの家庭料理。パプリカの詰め物(挽肉とお米)にヨーグルトソース。雪のお姫様というネーミングのヨーグルトサラダ。デザートもヨーグルトを使ったケーキです。
ブルガリアのヨーグルトは、日本のものより硬めなので、木綿の袋に入れてつるし、水分を取って使います。


2010年9月20日(月曜日)

今年の味噌仕込み終了

カテゴリー:  17時46分21秒

9月16日、神田明神わきの天野屋へ、麹を仕入れに出かけました。この日、暑さはようやくおさまり、麹を持ち運ぶには、適当な温度になりました。毎年寄る茶店風のお休み処で、暑ければかき氷ですが、今年は、明神わらびと緑茶にしました。

17日夜、大豆を水に浸け、18日朝、豆を指でつまんでつぶれるぐらいの柔らかさになるまで煮ました。フードプロセッサーで砕き、最後は、残っている豆粒をつまんで潰し、麹、塩を加えて漬けこみました。大豆、麹そして塩を混ぜたものをソフトボールくらいの大きさに丸め、漬けこみ容器にはりつけるように投げ入れるのは、なかなか面白いです。
この後、時々様子を見て来年の夏を越し、1年後の秋に仕上がります。味噌を自宅でつくることは珍しいのですが、微生物(麹)の力で時間をかけて発酵。おいしい味噌に変化するわけです。

25日は、生地からつくるピッツアです。これも微生物(イースト)の力で発酵させるのですが、味噌のように時間はかかりません。当日は、気温30度くらいだとイーストは喜んでくれるでしょうが、人間には、ちょっと暑そうですね。


2010年8月28日(土曜日)

厳しすぎる残暑です。

カテゴリー:  15時28分43秒

今年の暑さ、半端じゃないです。おいしいものをしっかり食べて過ごさないと。

垣根に絡ませたゴーヤがよく育っています。取り立てを塩もみ、薄切りにして軽く苦味抜き。サラダや、ごま和え、いためものにして毎日食べています。いろいろ試して、パスタにも利用。9月のメニューにも登場します。

そのほかに、ショウガソースでホタテのサラダ、とり肉とナスの煮込み、野菜のプデイングをつくる予定です。7月に利用したセラミックスチーマーを9月も使います。

9月18日は、お味噌の仕込み。出来上がりは来年です。
9月25日は、生地からつくるピッツア。ソースは2種類です。
10月16日には、ブルガリアの留学生からヨーグルトを使った家庭料理を紹介していただきます。


2010年8月12日(木曜日)

魚のおいしい対馬へ行きました。

カテゴリー:  21時23分14秒

7月末、初めて対馬へ行きました。民宿のおばさんのお料理がとってもおいしくて感激でした。毎日、民宿の前の海からおじさんが船を出し、イサキ、カニ、イカ、サバ、イシダイ、サザエ等を捕ってきて、食卓に並べてくれました。イサキといえば、今まではお刺身か、焼き物というメニューで料理してましたが、煮物にするとまた違ったおいしさでした。お吸い物もとってもいい味。あらでつくったそぼろまで出てきて、捕ってきたものを全て食べつくすという料理。素晴らしかったです。

海辺では、チョウセンキスゲが花盛り。山の中には、日本ミツバチの蜜を集める蜂洞がありました。


2010年7月20日(火曜日)

梅雨明け、今年は早かった。

カテゴリー:  16時34分37秒

梅雨があけました。さあ梅干し!18日からざるに並べて干しています。陽に当てるときれいな色があがってきます。赤梅酢もたっぷり出来たので次は紅ショウガにかかります。

来週は夏休みで長崎の対馬に出かけます。おいしい魚が楽しみ。


2010年7月13日(火曜日)

梅漬けに赤シソを入れました。

カテゴリー:  18時16分51秒

7月2日、3日に梅漬けに赤シソを入れ、梅酢が紅色に染まって梅がきれいに色づきました。次は梅雨明けに梅を干す仕事が待っています。

7月のクラスでは、中華の蒸しナスにシリコンスチーマーを使っています。初めて見る方、見たことはあるけれど使ったことはない方などいろいろですが、盛り上がっています。


2010年6月27日(日曜日)

7月のクラスメニューは夏向き中華。

カテゴリー:  15時31分05秒

6月半ばに砂糖で漬けた梅。砂糖の力で水分がジュワーッと引き出され、シロップ(梅ジュース)が出来上がりました。しばらくおいて味をなじませ、薄めて飲みます。今飲んでいるのは、昨年仕込んだ09年ものです。いろいろな方に「うまっ」と言われていい気分。

塩で漬けた梅干しのほうも水分がしっかり上がってきて白梅酢ができています。もうすぐ赤シソを入れます。

7月のメニューは、夏中華。蒸しナスや魚のウーロン茶蒸しは、電子レンジで暑くなく仕上げるつもり。夏のキッチン仕事は暑いですものね。真っ赤に熟したトマトと卵でスープ。熱いのも冷やしたのもおいしいのです。炒めものは、元気の出る豚肉をピリ辛に味付けします。あと一つ内緒の一品。


2010年6月14日(月曜日)

梅の収穫完了!

カテゴリー:  18時13分52秒

6月12日、加工クラスで梅干しと梅シロップを仕込みました。
7月初め赤シソを入れ、太陽に当てるのは7月下旬の予定。またお天気がどのようになるのか気になるなあー。

6月13日は、家の青梅の収穫をしました。今年は、サイドワークで植木屋さんをしている知人に手助けを頼みました。彼の話によると、今年、気候が原因で葉の先がちじれている梅が多いのだそうです。家のもほんとにちじれていました。梅の実は、春先から心配していましたが、やや肌がしもやけ状態になっているのもありましたけどまずまずの出来。20kg採れました。梅干しと梅シロップを仕込みます。

14日、今日から梅雨入りだそうです。雨の季節。


2010年6月6日(日曜日)

6月。梅雨の季節が近いです。庭の青梅も収穫時が近づいています。

カテゴリー:  21時48分40秒

6月12日(土)、朝から梅干しと梅シロップ漬けをつくります。久しぶりの加工クラスです。

庭の梅も丸く大きくなってきています。13日に収穫の予定です。それまでに梅雨に入ってひと雨ふれば理想的だけど、この頃の気候の様子は、どうもよくわからない感じ。

6月のメニューは、旬のアジを三枚に卸し、新じゃがと組み合わせてつくるちょっと目先の変った焼きもの。とりもも肉と新じゃがの炊き合わせ。うどときくらげの梅和え。もずく雑炊です。

19日のベトナム料理の打ち合わせも進んでいます。揚げ春巻き
(ネム)と焼き肉をのせたベトナムの麺(ブン)をつくります。


2010年5月20日(木曜日)

新緑の美しい、気持のよい季節です。庭のハッサクと夏ミカンの花が一杯咲きました。

カテゴリー:  18時17分16秒

5月は、やっぱり緑がたっぷりで気持ちがいいです。青梅も大きくなってきて収穫が楽しみ。

先日、日曜美術館という番組で、小倉遊亀さんの青梅の絵を見ました。10年前に亡くなられた小倉さんは、庭の緑色には何色もの緑色があるとおっしゃっていたそうです。特に新緑の頃は、ほんとにいろいろな緑があって花の季節とは違った美しさがあります。

そら豆、きぬさや、私の好きな素材です。やっぱり緑色。


2010年5月4日(火曜日)

5月のクラスメニューはイタリアン

カテゴリー:  23時16分01秒

寒ーい4月が過ぎ、ようやくお天気続き。梅の実もだいぶ大きくなってきましたが、低温で品質に影響が出るかなあと心配しています。寒いとは言え、タケノコ、ふき、山椒など春の庭の味、充分楽しみました。

5月は、イタリアンで家庭料理。旬のアサリでワイン蒸しをつくり、スパゲッテイーボンゴレに仕上げます。豚肉とセロリのトマト煮込み。野菜のジュレ。金曜日によくつくられる魚のマリネなど。

ケーキクラスは、フロランタン。イタリアのフィレンツエからフランスに伝えられたお菓子です。はちみつ、生クリーム入りのキャラメルソースにアーモンドをたっぷり混ぜてクッキー生地にぬり、焼きあげます。

6月には、梅干しを漬けます。よい梅の実が採れますように。


2010年4月19日(月曜日)

今年の4月は寒い日が続き、タケノコが出てくるのもゆっくりです。

カテゴリー:  17時14分27秒

寒さでタケノコの出かたもゆっくりでしたが、全部のクラスで、裏の竹やぶ産のもの使うことができました。

掘りたてのタケノコは、とっても柔らかくておいしいのです。皮をむき、糠を入れ、40分くらいゆで、水にさらしました。以前は皮つきのままゆでていましたが、皮をゴミとして出すときに水をふくんで重くなることを考え、このところ皮は除去しています。

特別クラスの和食は、タケノコづくしのメニューでした。タケノコご飯、若竹汁、若竹煮、そしてタケノコの先端に付いてる薄皮
の梅和えです。この薄皮のことを、姫皮とか絹皮といいますが
ほんとにすてきなぴったりの呼び名だと思います。このクラスでは、だしの取り方のレッスンも。汁は、一番だし、煮物は二番だし、ご飯は、簡単なカツオだしでつくりました。

今年の中華のタケノコ料理は、エビと高菜漬との炒め合わせでした。牛肉のオイスターソース炒め、酸辛湯、そして豆腐餃子。以前はひき肉餡を挟み、蒸して仕上げた豆腐餃子を、電子レンジで仕上げました。先月の岩石豆腐と食材はほとんど同じだけど、まるっきり違う食べ物になりました。 他にほうれん草のニンニクソースかけ。

ケーキクラスは、イチゴのケーキ。アーモンド入りのスポンジケーキにラムレーズンを挟み、あんずジャムを絡めたイチゴをたっぷりのせました。イチゴと砂糖、レモン汁を合わせて電子レンジでつくるイチゴジャムも。これは、ヨーグルトにかけるとおいしーいのです。


中華と和食をつくりました。

カテゴリー:  16時09分42秒


裏の竹やぶのタケノコで、4月のメニューの

カテゴリー:  16時08分06秒


2010年3月22日(月曜日)

3月のクラスメニューはちらし寿司でした。

カテゴリー:  15時26分00秒

桜ももうすぐ。たけのこもうすぐ。春が来ています。

3月のちらし寿司は、おいしく煮上げた椎茸、干ぴょうのこまごま切りをすし飯に混ぜ、錦糸卵、酢ばす、アナゴ、昆布酢につけたお刺身などで飾りました。
お椀の種は、豆腐ととり挽肉でつくる岩石豆腐。これは江戸時代からつくられていたものです。電子レンジでさっとつくれるようになりました。
菜の花の辛子酢味噌あえには小柱を合わせ、季節感いっぱいでした。

4月は、タケノコをあれこれ使って中華です。特別クラスの和食でもたけのこご飯や若竹汁などたけのこ尽くしの予定。


2010年2月27日(土曜日)

アゼルバイジャン料理

カテゴリー:  11時44分02秒

2月20日にアゼルバイジャン料理講習会をしました。アゼルバイジャンはカスピ海沿岸の国で、香辛料を多く使って料理を仕上げます。講師は、青山学院大学で日本語を研究しておられるキャマラさん。
小麦粉を卵と水でこね、麺棒でうすく延ばし、小さな四角形に切り、牛ひき肉のあんを包み、スープに入れて浮き上がるまで煮た後、火を弱めて煮込むDusubara 。塩とアゼルバイジャンのコショウで味付けし、刻んだコリアンダーの葉を散らしました。
じゃがいも、人参をゆでて薄切りにしたもの。玉ねぎのみじん切りを湯通ししたもの。ものすごく沢山のパセリのみじん切り。ゆで卵の荒みじん切り。そしてツナ缶。これらの材料を一層づつ平皿に広げてはマヨネーズを塗りつけて仕上げるBalig Salati。冷やしてから切り分けていただきます。まるでケーキみたい。
フライパンに小麦粉の重さの半量くらいのバターを溶かし、粉を炒め、湯を加えてねっとりさせ、ふたをして気長に焼くGuymag。お産の後で必ず食べるのだそうです。砂糖とたっぷりのシナモンパウダーをかけます。
キャマラさんが持ってきてくださったバラの花びら(乾燥)と
シナモンステイック、薄切りのショウガをやかんに入れ、水をたっぷり注いでゆっくり煮出したアゼルバイジャンジンジャーテイー。
4品とも、それほど特殊な材料を使っていないのに、初めて出会う味で、またとない経験ができました。


2010年2月4日(木曜日)

1週間くらい前から、梅が咲き始めました。

カテゴリー:  17時53分10秒

梅の花が咲き始めてすぐに雪が降ってしまいました。

2月のイタリアン。土鍋を使ったチーズ蒸し、タコのグリル焼き、芽キャベツのパスタ、白菜のサラダ、そしてバナナとマスカルポーネで温かいデザート。楽しいお料理です。

6日の加工クラスでは、キムチとレバーペストをつくります。12月に漬けこんだたくあん、出来上がりました。参加した方にお渡しします。

今日、アゼルバイジャンの留学生キャマラさんに会い、20日の料理のメニューを決めてきました。
ラビオリに似たパスタをつかってスープ仕立てにしたもの。
ツナのサラダ、シナモン風味のうす焼き、アゼルバイジャンのジンジャーテイーなどです。英語で解説したきれいなアゼルバイジャン料理の本をいただいてきました。教室いらしたとき見てくださいね。


2月のイタリアン 楽しい土鍋料理紹介します。

カテゴリー:  17時18分29秒


2010年1月5日(火曜日)

お正月 ゆっくり過ごしました。

カテゴリー:  15時47分32秒

0時のミサに行き、やや心改まる思いになりました。今年は、どんな年に展開するのかしら。私としては、毎日を大切に、食べ物と向き合って過ごすつもりです。

新年は、12日火曜日のクラスから始めます。カキやカニを使った中国料理メニュー。今年も、お家で気軽につくれるおいしいものをあれこれ紹介するつもりです。

1月の特別クラスはお休み。2月は初旬にキムチ、20日(土)に留学生のアゼルバイジャン料理を予定しています。

昨年末、目からウロコの土鍋料理の本ができました。なんでも土鍋で作っちゃうんです。東京ガスに協力して私のメニューも載っています。「春夏秋冬 土鍋でごはん(講談社)」


2009年12月29日(火曜日)

お正月料理つくってます

カテゴリー:  14時39分14秒

クラスのお正月料理が終了し、デイケア用ロ−ストチキンも無事に焼きあがり、クリスマスイヴは夜10時のミサに参加しました。

もういくつ寝るとお正月で、自家用のお正月料理の準備をしています。以前よりつくる品数は少なくなったけど、やっぱり、ブりの昆布締めやうま煮、黒豆などいろいろ仕込みます。他のことはやらなくてもお料理だけはつくっていたい人なのだと自分で納得しています。


2009年11月22日(日曜日)

ホルへのドイツ料理 ドイツ北部の伝統的ドイツ料理教えていただきました

カテゴリー:  17時35分47秒

10月末、ドイツ北部の伝統料理で、クリスマス時期に作る料理をホルへ先生に教えていただきました。 先生は、チリの方ですが、お祖父さまがドイツからチリにいらした方なので、ドイツ料理を教えるのをとても喜んでおられました。

メインはRam Fleisch mit spaezle 。牛肉とマッシュルームを炒めて生クリームで煮込んだソースを、手作りパスタと合わせます。 小麦粉を卵と牛乳で溶き、荒い目のざるに通して熱湯に落としてspaezleをつくりました。これをジャーマンパスタというそうです。
もう一品は、ジャガイモ料理。芋を皮ごと茹でてすりつぶし炒めた玉ねぎと合わせ、型抜きして焼き、スモークサーモンとサワークリームをトッピング。
デザートは、洋ナシの赤ワイン煮。ナシが軟らかく煮えた後取り出し、赤ワインを煮詰めトローッとさせてソースに。

とても美味しい出来上がりで、みんなおなかがいっぱいに。ドイツ北部は寒いので、伝統料理はこのようにリッチなものが多いとのことでした。

今回は、ホルへ夫人のマリアが通訳と助手をしてくださって
とても素敵なひと時になりました。


2009年11月16日(月曜日)

11月のメニュー

カテゴリー:  15時19分02秒

11月のメニューは、クリスマスメニュー。今年は、パスタの生地を、ビーフシチューを入れたグラタン皿にかぶせて焼いてメインに。サラダを2種。クリーミーなデザートも。

シチューの煮込み時間は40分。求めやすい値段のステーキ肉で仕込みます。煮込んでいる間にパスタ生地を30分ねかせておいて仕上げます。グラタン皿にかぶせて余った生地を、ベルや、ヒイラギ、星などの型に抜いてクリスマスっぽくデコレーション。20分くらいオーブンで焼きました。

焼いている間にサラダを二つ。普通のポテトサラダですが、セロリと赤ピーマンのみじん切りを合わせました。もうひとつは、千切りの野菜(キャベツ、セロリ、ピーマンなど)を
ドレッシングで和えてしんなりさせ、チコリの葉をお皿に
して盛り合わせたものです。

デザートは、生クリームとカッテージチーズを合わせ、ナッツとはちみつのソースをかけたもの。ザクロの紅色の実を散らし、季節感を。

いつもより少し時間はかかりますが、手ごろな予算でつくる
お家のクリスマス料理です。

11月20日、21日、28日には、ローストチキンの特別クラスをいたします。


2009年10月11日(日曜日)

ホルヘ先生のドイツ料理

カテゴリー:  22時44分29秒

10月31日のホルへ先生のドイツ家庭料理メニューが決まりました。ジャガイモのロースト、スモークサーモン、サワークリーム添え、きのこと牛肉のクリーム煮、ジャーマンパスタ添え、洋ナシの赤ワイン煮の3品です。
肉料理は、七面鳥でやるのがほんとなのだそうですが、時間がかかりすぎるので牛肉にしたそうです。赤ワインはもちろんドイツワインを使います。

19日から、与那国へ出かけます。おいしいものはなんだろう? 楽しみです。


2009年10月5日(月曜日)

[無題]

カテゴリー:  21時43分46秒

10月のメニューは、季節の素材で中国料理。きのこや、なす、秋鮭を使います。

9月の特別クラスは和食で、お赤飯、つみれ汁、厚焼き卵をつくりました。お赤飯は、せいろで蒸す方法で。卵焼きは、一人1個づつ仕上げ、自信を持たれたと思います。

9月最後の土曜日、加工のクラスでお豆腐をつくりました。
とても美味しい仕上がりで、おからもいい具合に出来上がりました。豆乳に苦汁(ニガリ)を加えた後、モワーッと豆腐が固まってきておぼろ状態になるのは感激です。

9月最後の日曜日は、留学生に日本の家庭料理を紹介する会を開きました。 カナダ、グルジア、ニュージーランド、ハンガリー、マレーシアからの留学生で、お赤飯、筑前煮、さやいんげんの胡麻和えを皆でつくりました。厚焼き卵もつくり、巻き簾で丸く形を整えたのがおもしろかったようです。
とっても楽しい、美味しい会だったと喜んでもらいました。

近くの公園でシイの実を拾い、炒っておやつにしました。残りをもち米と一緒に蒸してシイの実ご飯をつくってみました。なんだか秋の味!


気がつけばもう10月。おとなりの柿もぎのお手伝いをしました。

カテゴリー:  17時32分11秒


2009年8月28日(金曜日)

くもりや雨が多かった夏休が終わって9月1日からクラスが始まります。お家でつくるイタリアン。

カテゴリー:  21時51分16秒

8月15日のブログで紹介にしたロシアの山菜料理を食べてからもう1ヶ月。9月のクラスはもうすぐ始まります。

9月のメニューはイタリアン。お家でつくるおいしい料理で夏の疲れを回復させ、残暑に備えましょう!
  カツオでつくるカルパッチョ 野菜と盛り合わせ
  冷たいパスタ  麺をゆで上げるときのコツ
  豚肉と秋ナスの煮込み トマト味
  クミン味の肉団子 ポケットパンと合わせます

特別クラスでは18日に和食。お赤飯、つみれ汁、卵焼き。
卵焼きは以前もやったのですが再度取り上げます。すでに
やった方には、具入りに挑戦していただきます。
26日に豆腐作り。副産物のおからがとってもおいしいのです。なぜかというと、豆腐をつくるときの豆乳しぼりが
手搾りのためなのです。

新型インフルエンザが大流行です。教室も手指の消毒をさらに徹底いたします。


2009年8月15日(土曜日)

この夏、カムチャツカで山菜料理を食べました。

カテゴリー:  15時08分55秒

 夏休みに入ってすぐの7月下旬、カムチャツカの高原へ植物観察旅行に出かけたのですが、そこで山菜料理を食べる機会がありました。  

 「農夫の家」と呼ばれているところで、家の周りは、畑や雑木林にかこまれ、その向こうには、池があっていい雰囲気でした。ご主人のサーシャが赤いTシャツ姿で出迎え、家の周りの食べられる植物を採っては説明をしてくれました。日本でも食べているコゴミ、ワラビ、ギョウジャニンニク、アザミ、ヤナギラン、ハナウドなど、セリ科のニンジンの仲間や、アヤメの仲間もありました。

 山菜の多くは、炒めて塩コショウの味で仕上げられ、黒っぽい佃煮状態。それぞれに少しずつ香りが違いました。ニンジンの仲間や、ワラビは、漬物のようになったり、サラダのようになったり。ヤナギランは、発酵させて紅茶に。ハナウドの茎の汁は甘みがあり、ウオッカもつくれるのだそうです。

 庭の向こうの池で釣ったヒメマスに塩で下味をつけ、素朴な手製のかまどで燻煙。かまどが充分に予熱してあったので40分くらいで仕上がりました。薪は、リンゴの木だそうで、魚肉と皮の焦げるおいしそうな香りがいっぱい。山菜のいろいろ、ウコン入りの炊き込みご飯といっしょにいただきました。
 
 飲み物は、ヤナギランの紅茶を少し加えたウオッカ。 サーシャは、ロシアに乾杯!日本に乾杯!なんにでも乾杯!と、ギターをかき鳴らしてロシア民謡を歌い、ピアノを弾きまくり、ウオッカのあおり方を教え、激しい、楽しいひと時でした。


2009年6月28日(日曜日)

6月20日、スペイン料理講習会で、家庭でよくつくられるパエリアとガスパチョをホルへ先生に教えていただきました。

カテゴリー:  16時37分46秒

スペイン料理の講師は、チリ人のコック、ホルヘさんです。
メニューのパエリアとガスパチョは、お店で食べるという感じではなく、キッチンに少しづつ残っている食材を使ってできるとても経済的なスペインの家庭料理なのだそうです。今回のパエリアは、エビ、
イカ、貝類、鶏手羽先を使いました。

プロのコックに講師で来ていただいたのは、クラスではじめて。
手際の良さは、見事なものでした。クラス開始1時間前に到着し、
パエリア用のスープをとり、料理別に食材を整え、おいしい、楽しい時間をつくってくださいました。

パエリアには、サフランを使いますが、香りを飛ばさないように
ほとんど出来上がった時点で、オリーブ油と混ぜて振りかけて
仕上げました。パエリアの色のほうは、玉ねぎと赤ピーマンのみじん切りを炒めて出しているとのことでした。高価なサフランを効率よく、大切に使っているなあと感心しました。

ガスパチョは、皮むきキュウリ、種抜きトマト、赤玉ねぎ、赤ピーマン、たっぷりのニンニク、香草のデイルにオリーブ油、水を合わせ、ミキサーでガーッと混ぜて仕上り。 うつわに盛り、クッキングクラスきむら特製のヨーグルトを浮かべました。

デザートは、バルサミコ酢と砂糖でカラメルをつくり、苺とアイスクリームにデコレーション。 バルサミコ酢は手ごろな値段のものを選びなさい、高価なものでなくてよいとのこと。このカラメルは日持ちするので、いろいろなデザートに気軽におしゃれに使えます。

写真はいずれ、外国人のお料理のコーナーで紹介いたします。


2009年6月23日(火曜日)

6月7日、梅もぎをしました。梅干し、梅シロップしっかり浸けこみ、出来上がりを待っています。

カテゴリー:  17時23分39秒

今年は、早くから、梅の実が落ちはじめ、収穫量が期待できなかったので、落ちたものはすぐに冷蔵庫の野菜室に保存しておき、500グラムくらいためては砂糖漬けにし、シロップをつくりました。 この
方法で6月7日に梅もぎをする前に2キロもできてしまいました。

梅もぎは、ブルーシートを木の下に張って、枝をたたいて実を落とし、3キロくらい収穫。梅干しに仕込みまいた。

この後も、残っていた梅が1キロくらい落ち、すべてシロップに。
今年は、キズものをすぐに処理したので無駄なく利用できました。
収穫量が多いと気が大きくなって保存に失敗し、処理前に傷んでしまうこともあったなあと過去を反省しています。

加工クラスの梅干しも自家用のもしっかり水が上がり、7月1日の赤シソ入れに備えています。

20日のスペインの家庭料理パエリアとガスパチョ、とてもおいしく
出来上がりました。クラスでは、プロのコックに来ていただいたのは初めてでしたが、さすがの手際の良さ。次に詳しくご紹介します。


2009年5月30日(土曜日)

タケノコが終わって、今度は、梅もぎを何時にしようかと考えています。

カテゴリー:  22時00分20秒

今年は、タケノコがたくさん採れ、クラスの材料にもたっぷり使うことができました。終りのほうに採れたのは、かなり細かったので、先のほうを薄味で煮て、握り寿司のように整えてみたら楽しい形。 来年のお正月の煮物向きに焼酎付けも仕込みました。

梅の実は、もうすっかり大きくなり、梅雨に入るのを待てないようにポトポト落ちてきます。次の日曜日あたり、梅もぎをしよう! 今年は、量は、あまりないようで、全部梅シロップにするかなどと考えています。

5月の中華メニューでは、新キャベツを下敷きにしてせいろでもち米を蒸しました。ちまきの中身をアツアツで食べる感じで、一緒に蒸しあがるキャベツでくるむようにしていただきました。おいしーいの声。残りのキャベツは、塩でもんでかさを減らしてあえ物に。ゴミの少ないメニューです。

6月のメニューは、イタリアン。 トマトを使ってゼリー。小イカのトマトパスタ。 ナスとジャガイモのグラタンはモッツアレラチーズ仕上げです。キュウリやインゲンも使い、前菜向きもつくります。

加工クラスは、梅干し。スペイン料理は魚介類のパエリア、ガスパチョなど。

5月19日、東京ガスによる教室紹介の取材がありました。いづれ写真や記事を見ていただきます。


2009年5月4日(月曜日)

ハッサクと夏ミカンの花咲き始めました。よい香り。

カテゴリー:  21時55分57秒

教室の入り口近くでハッサクの花、たくさん咲き始めました。少し多すぎるくらい。 摘果をしなくてはと思ってます。

今月のケーキクラスのミモザケーキには、苺ジャムを合わせます。
ケーキを焼きながらつくれるジャム。電子レンジ利用です。

6月の外国の料理講習会は、留学生マリアのご主人のホルへにスペインの家庭料理を教えていただきます。6月20日です。ホルへは、ハイアット系のホテルでシエフとして働いている方。 楽しみです。


2009年4月28日(火曜日)

タケノコがどんどん出てきました。掘りたてをゆでたのは柔らかくておいしーい。

カテゴリー:  17時59分42秒

たけのこ初堀りから2週間経ちました。毎日、ちっちゃな竹やぶを見回って掘ってきます。ご近所に配ったり、ゆでてせっせと食べています。 ゆでたものをショウチュウに浸けて保存しておくと、お正月の煮物に重宝なので形のよいのを選んで浸けたりもします。

今年は、柑橘類の花、かなりツボミがつきました。もうすぐハッサク、夏ミカンは、香りよい白い花が咲くでしょう。 2年前に移植したユズはちらほら、レモンは、たった一つツボミを見つけました。

梅の実は、茂ってきた葉に隠れてあまり見えないけれど、大分ふくらんできています。

5月のメニューは、中華。 新キャベツを下敷きにしてもち米を蒸したり、ザク切りにして、あえ物をつくります。少し大きめのエビを、老酒とニンニクでおいしく仕上げ、しつこくないスペアリブ料理など。

特別クラス和食では、青豆ごはんに立田揚げなど。和食っぽいポテトサラダも仲間入り。

ケーキクラスでは、フードプロセッサー利用で紅茶ケーキ。普通の泡立てでバタースポンジを焼き、ミモザケーキに仕上げます。


2009年4月12日(日曜日)

庭の竹やぶで今年初めてのタケノコ堀。

カテゴリー:  23時09分06秒

今年の桜もひらひら散り始め、山椒の芽もどんどん萌えてきました。春を日々感じています。

4月のメニューで、たけのことニシンの煮物に山椒を摘んできて添えています。1日のクラスでは、まだ頼りないほどの若芽だったのが、10日にはしっかり存在感が出てきました。

竹やぶで、ようやく堀り頃のタケノコを見つけ、初物堀りをしました。あまり大きくはないけれど、掘りたての柔らかさは格別です。さっそく茹でて、たけのこご飯と姫皮のワサビ醤油を楽しみました。

小鳥たちのおかげで受粉がすすみ、小さな、小さな梅の実が育っています。6月の梅干し作り楽しみです。


2009年3月31日(火曜日)

桜の開花後、気温が低いので花が長持ちしています。庭の竹やぶで、タケノコが、あと10日くらいで出てくるでしょう。楽しみ。

カテゴリー:  22時30分36秒

今日、庭でウグイスが初鳴き。 お店では春の食材が、いろいろと出揃っています。

4月のクラスは和食。若草しんじょ、たけのことニシンの煮物など。春野菜のうど、ふき、たけのこなどをおいしく食べるには、ちょっとした処理のコツがあるのです。お楽しみ。

イチゴの小粒を見つけたらジュースとジャムをつくっています。小さいほうが紅色がきれいに出るのです。近所に、適当に小さいイチゴを毎年売るお店があったのに、3月で閉店してしまいました。最後に手に入れたもので、きれいなジュース、ジャムをつくりましたが この先材料を手に入れるのに困るなあと思っています。 


2009年3月2日(月曜日)

一週間ぶりの青空!明日は、ひな祭り!

カテゴリー:  22時53分47秒

3月3日は、雪が降るらしい。寒そうです。おひなさまをかざり、桃の枝と菜の花、雛あられと桜餅を供えました。
3日には、ちらし寿司をつくります。

2月21日のフランスの家庭料理講習会は、楽しい、おいしいひと時でした。
先生は、上智大学で経済学を研究しておられる留学生のシリルさん。お料理が大好きなのだそうです。
トマトとポテトの肉詰め、ベーコンとチーズをはさんだチキンカツ、鶏肉とズッキーニ入りのカレー味ケーキなど、どれもフランスの
あったかーいお家料理で、気持ちが和みました。次の機会には、デザートをたくさん紹介したいとの事でした。

3月14日のマーマレード作りのとき、フードプロセッサーを利用してスコーンを焼く予定。


2009年2月15日(日曜日)

ふきのとうが出盛りです。

カテゴリー:  23時16分50秒

昨日は、桜が咲いてしまいそうな春の暖かさでした。
梅が散り始め、裏庭では、ふきのとうが出盛りです。
小さいのをつまんで採って、素揚げに塩パラリで楽しんでます。
明日は、ふき味噌を作る予定。

13日のケーキクラスでは、翌日のバレンタインデーに合せ
チョコレートクリームの小さいタルトとアップルパイを
つくりました。

近くの方から、金柑を枝付きでいただきました。棘がいっぱいでしたがプチプチ、はさみではずしました。
売っているものよりかなり小玉ですが、蜜煮のほか、蜂蜜漬けにもしようかな。


2009年2月10日(火曜日)

梅満開に近いです。

カテゴリー:  22時28分06秒

梅の花の中に、メジロ、ウグイス、エナガ、ヒヨドリ、ムクドリなどが、見え隠れしています。 鳥たちのおかげで、受粉がすすみ、梅の実が沢山採れますように。 6月に漬ける梅干しのこと考えています。

2月のメニューでは、豚肉の蒸し煮に金柑のみつ煮の素敵な味の組み合わせをたのしんでいます。ナベに残った蜜に、しょうがの千切りをからめてもおいしい。

12月に漬けたたくあんが仕上がりました。 おいしい毎日を過ごしてます。


2009年2月3日(火曜日)

フランスの家庭料理講習会、細かいことが決りました!

カテゴリー:  22時05分51秒

フランスからの留学生 シリルの料理講習会案内です。
日時 2月21日(土) 午後1時
場所 クッキングクラスきむら

薄切り鶏胸肉のカツレツ ESCALOPES CORDON-BLUE
トマトとポテトのファルシー
カレーパウダー風味の鶏肉入りケーキ
3種類のフランスの家庭料理を教えていただきます。 とっても
おいしそう!

18日までにお申し込み下さい。

14日(土)は、ケーキのクラスで、チョコレートクリームパイと
リンゴジャムいっぱいのアップルパイです。
こちらのお申込みは、13日まで。
  


2009年1月30日(金曜日)

庭の梅が咲き始めました。ふきのとうももうすぐ出てくるでしょう。

カテゴリー:  22時46分01秒

1月の最後の日は、雨降りのようです。

2月は和風メニューです。 アサリごはん、カキのみぞれ和え、
豚肉蒸し煮には、金柑みつ煮を添えます。山芋は、ぬたに仕上げます。冬、そして早春の材料を使い、おいしいおうち料理です。

フランス人留学生シリルのフランスの家庭料理、お菓子の会は、2月21日に決まりました。2月3日に、彼と会って打合せをしてきます。


2009年1月7日(水曜日)

今年のお正月、ほんとに良いお天気でした。

カテゴリー:  18時15分51秒

今年のお正月はお天気に恵まれて、ちょっと高いところからは
連日富士山の美しい姿が見えました。

1月5日、留学生にお正月料理を食べる体験をしていただきました。
今年は、韓国の学生の申さんと朴さん。韓国の高校で歴史と国語を教えていらっしゃる方です。日本語は、聴くのも、喋るのも、書くのも堪能で、外国の方とお話をしている感じがなく、かなり盛り上がりました。
お屠蘇、祝い肴のかずのこ、田作り、くろ豆から始まり、ブリの昆布締め、カマボコ、旨煮、錦卵、金団など全ておいしい、おいしいと食べていただきました。
お酒は、久保田にしました。熱心にメモを取りながら、飲んだり、食べたりで感心してしまいました。

料理のクラスは、13日が初日です。今年最初のメニューは、中国料理。 冬野菜の白菜とエビ入り肉団子の煮込み。切干大根の玉子焼き。カキのころも揚げなど、おいしいお惣菜の数々です。

和食基礎を30日(金)に予定しています。ブリ大根、玉子焼きなどです。


2008年12月28日(日曜日)

今年もほんとうに後わずか。

カテゴリー:  17時45分36秒

やや、荒れ模様の時代ですが、食べる事は元気のもと。
このところ、お家でつくるお料理の不思議な力をしみじみ感じています。

来年もおいしくて楽しいお料理を、つくって過ごすつもりです。

今年もあと3日。自家用おせちの材料を仕入れ、まず、黒豆を煮ました。
1月5日には、留学生に日本のお正月料理を食べる体験をしていただきます。


2008年12月15日(月曜日)

お正月料理のクラスが終了し、本番を待つばかりです。お家でつくってみよう!お正月料理。

カテゴリー:  22時31分28秒

12日でお正月料理が終了しました。今年もムリなくお家でつくれるおせちを考えてきましたが、皆さんに喜んでいただけたようです。

13日のクリスマスケーキもチョコレートクリームとココア、生クリームでシンプルに仕上げ、お家でつくってみよう!という気分になりました。一緒につくったのは、プラリネ入りのババロア。キラキラしたプラリネが、普通のババロアをシーズンにぴったりのお菓子に。

19日は、ケーキの中にあんずを詰め、クリームで覆ったスノウケーキ。ジンジャーとシナモンの香りいっぱいのクッキー。リボンをつけてクリスマスツリーにかざります。

12月はじめの加工クラスでは、塩とたっぷりの糠で干し大根を漬け込みました。2ヶ月くらいでおいしいたくあんに仕上がります。来年の出来上がりガ楽しみです。


2008年12月1日(月曜日)

12月は、お正月料理いつもの黒豆のほか、伝統的なもの新しいものくみあわせていろいろ。

カテゴリー:  15時51分32秒

12月になってしまいました。今年もつくりやすい、おいしい
お正月のメニュー、ご紹介します。

お家で煮るくろまめ、黒酢風味のうま煮、べっこう羹、
きんとん。小鯛笹漬けや、マグロを使っておつまみ風など。

お家でつくるクリスマスケーキのクラスは、13日に、プラリネのババロア、チョコレート風味のケーキで、生クリーム仕上げ。
19日に、クリスマスクッキー、スノウケーキの予定です。

加工クラスは、6日の夕方。たくあん漬けです。良い干し大根が手に入りますように。

今年は、留学生のお国料理紹介は、9月のチリ料理が最後でしたが、11月に留学生会館のフェステイバルで色々な料理を試食したり、料理を紹介できそうな方を探したりしてきましたので、来年も
いろいろ計画しようと思っています。
フェステイバル当日、日本料理コーナーでは、おでんを紹介。
寒い日だったので、早々に売り切れでした。


2008年11月5日(水曜日)

ハロウィンが終わってもうクリスマスの準備!

カテゴリー:  19時08分37秒

11月!もう今年もあと2ヶ月になってしまいました。クラスのメニューは、早々とお家でつくるクリスマスの食卓のいろいろです。

ハーブの香りいっぱいのローストチキン。  きのこソースを添え、リース型にまとめたサフランライス。 家族やお友達に手伝ってもらって作るのも楽しいサラダや前菜など。

特別クラスは、和食基礎。11月21日の予定です。ほうれん草のお浸し、イカ刺身(裁き方、ワタの利用・・)、かぼちゃの煮物など。
お申し込みは、11月15日までに。

近くのカヤの木が沢山実をつけました。胡桃のように胚乳が食べられます。
外側の果肉を取り除き、種子を4日位水に漬けてあく抜きし、かたい殻を割ってようやく食べられる部分を手にしました。ゆっくり、ゆっくり炒って食べました。胡桃でも、アーモンドでもないカヤの実、おいしかった!


2008年9月28日(日曜日)

ようやく涼しくなってきました。10月のメニューは、イタリアン。

カテゴリー:  15時26分18秒

残暑は、かなり厳しかったですが、秋の気配がしっかり
感じられるようになりました。

10月のクラスのメニューは、お家でつくるイタリアンです。
なすとお魚のグラタン(トマトソースを使います)、うずら豆の
炒め煮、 海幸、山幸パスタ(大げさなネーミングですが・・)
洋梨のデザートの予定です。お楽しみに。

10月11日、13時から、お味噌を仕込みます。神田明神天野屋の
麹を使います。お申し込みは、10月6日までに。 出来上がりは、来年9月。

9月20日は、チリの家庭料理講習会でした。先生は、チリの留学生、カロリナとカルラ。4種類のお料理を教えていただきました。

チリでいつも食卓に出てくるペブレは、角切りのトマト、みじん切りの
玉ねぎ、にんにく、香菜(たっぷり)にレモン汁、サラダ油、塩をあわせたもの。
カルラが、お家でいつもつくっていたと言いながら、小麦粉にバター、イーストを加えてこね、しばらく発酵させて簡単に自家製パンを焼き、ペブレをのせていただきました。 野菜でつくったデイップの感じです。
豆料理のポロトスグラナドスは、乾燥白いんげん豆を一晩水に漬けておき、やわらくゆで、かぼちゃ、バジル、炒めたチリパウダー、とうもろこしを加えて煮込んだスープです。あまり辛くないチリパウダーは、カロリナがいつも使っているチリの製品を持ってきてくれました。 
もう一品のカズエラは、牛肉をたっぷりの熱湯に加えて煮たところに、ピーマン、玉ねぎ、にんにく、チリパウダーを炒めて加え、セロリの葉、かぼちゃ、じゃが芋、人参を順に入れて仕上げたスープ。

おいしいお料理をいっぱい食べ、チリの食べ物や、食材などいろいろなお話を聞き、たのしーい午後のひと時でした。

9月26日、和食基礎のクラス。お赤飯、茶碗蒸し(鍋でつくる地獄蒸し)、もみじ和えの3品の予定でしたが、エビ、なす、サツマイモの
天ぷらもつくってしまいました。

9月27日、留学生に和食のつくり方を教える会を開きました。8カ国(アルゼンチン、中国、韓国、マダガスカル、シンガポール、タイ、アメリカ、ヴェネズエラ)から10名の方が参加されました。
お赤飯、茶碗蒸し、天ぷらをつくりながら、食べながら、日本の家庭で作るお料理や、食材、調理器具、その他いろいろ楽しいおしゃべりをしました。共通語は、日本語です。


9月は、かなり暑かったけれど、ようやく

カテゴリー:  13時22分55秒


2008年9月9日(火曜日)

9月のクラスが始まりました。中国の家庭料理とっても好評!

カテゴリー:  22時02分25秒

9月に入ってまた暑くなりました。9月の中国の家庭料理のメニューでは、白包子をつくっているのですが、イーストを使って発酵させるのにちょうど良い気温で、フワフワ、もっちりした出来上がりになっています。
茄子のひき肉あんかけ、鶏肉のコロコロ切りに野菜やピーナツを合わせたいため物など、4種のお料理を白包子にはさみ、中国旅行のお話をしながら試食タイムです。


2008年8月26日(火曜日)

暑い夏でした。夏休みももうすぐ終わり。9月のメニューは、中国の田舎の家庭料理。

カテゴリー:  16時28分14秒

ほんとに暑ーい夏でした。そして夏休みの終りに近いこの頃は、
ちょっと涼し過ぎる感じ。

7月末に、中国の東北地方の山へ行き、きれいな高山植物を
沢山見てきたのですが、同時に、中国のおいしい家庭料理を
いっぱい食べてきました。
休みの前は、9月のメニューは、イタリアンの予定だったんですが、
路線変更して、中国をご紹介します。
なす、鶏肉、きくらげ、豆腐など何げない、手に入りやすい材料で
おいしい料理をつくり、白包子ではさんで食べます。

9月20日には、予告どうり、チリの伝統的な家庭料理を
チリの留学生、カロリナとカルラに教えていただきます。
ポロトスグラナドス(豆料理)カズエラ(牛肉のスープ)ペブレ
(野菜のデイップ)を手作りのパンと一緒に食べるのだそうです。
お楽しみに!

9月24日または26日には、和食の基礎として
お赤飯、茶碗蒸し、もみじ和えなどつくります。
同じメニューを留学生の皆さんにも27日に教える予定です。

10月11日はお味噌の仕込み予定です。


2008年6月29日(日曜日)

7月のメニューは、中華。夏の暑さに負けない様に。おいしいものをつくってしっかり食べよう!

カテゴリー:  18時17分39秒

先日仕込んだ梅ジュースおいしそうに出来上がってます。
もう少し寝かせてから試飲と思ってます。

7月の家庭料理クラスのメニューは、中華です。
洋風のフライと同じようにパン粉を使うアジの揚げ物。
アジの三枚おろしからやります。タレもおいしい!
手羽もとの甘酢煮。(ミツカン酢からお酢の提供がありました。
お土産に一本ずつ)
冷菜は、糸寒天を利用。ほたてとなすの和え物も。

12日(13時)の和菓子は、白玉粉と寒天パウダーが活躍です。
電子レンジを利用して楽しく作ります。
 ・ まず胡麻団子
 ・ あんみつのゼリー風 自家製の求肥入り。
 ・ 求肥が主役の餅菓子も。

今年、梅雨寒むの日は、ほんとうに寒いです。近所の自然保護区のホタルも今年の発生は少なかったようです。 


2008年6月21日(土曜日)

梅の収穫、梅干漬けをしました。

カテゴリー:  16時54分31秒

6月8日に梅の収穫をしました。今年は、昨年より大分少ないかなと
思ってましたが、10kgとれました。上出来!
9日に、梅シロップ漬け込み、梅干用は、少し後熟させて14日に
漬け込み終了。これは、自家用です。

10日と11日、梅シロップと梅干の講習をしました。リピーターの方もいて、たのしく終了。昨年漬けた梅シロップを味わいながらのおしゃべりでした。
3日間でしっかり水が上がり、白梅酢の中に漬かっています。
7月第1週の水曜日(2日)、金曜日(4日)の通常クラスの後で、赤シソを加え、赤梅酢に変化させます。

自家用ですが、16日からラッキョウの下漬けを始めました。そろそろ、酢醤油漬けに仕上げるつもり。7月のクラスでお味見していただきます。

このところバター不足。ケーキクラスは、和菓子をつくる予定です。
ぎゅうひに挑戦してみましょう!

来週、7月のクラスの予定お知らせします。夏向き中華です。


[無題]

カテゴリー:  16時03分32秒


2008年5月28日(水曜日)

緑、みどりの季節。梅干作りの季節。

カテゴリー:  12時26分10秒

梅収穫のシーズンが近づきました。今年は、強風の日が多くて、小さいうちにかなりポトポト落ちてしまい、あまりたくさんは採れないと思っています。去年はいっぱい採れたので、今年は、ゆっくり休んでもらいます。みどりの葉っぱの中でコロコロ大きくなっている梅の実には、もう、落ちないでねーと声をかけています。

10日の6時半と、11日の1時に梅干の講習をします。参加ご希望の方は5日までにお申し込み下さい。

6月のメニューは和食です。 アユの山椒みそ焼き、カツオのたたき、茄子のおらんだ煮、茗荷を使っていろいろなどです。

20日には、和食の基礎の講習をいたします。出汁をとってお味噌汁、アジをおろしてたたきをつくる、新じゃが芋の煮物など。10時半からです。

なつかしい天ぷらの記事ご覧下さい。http://www.magsook.jp


2008年5月20日(火曜日)

小学館のネット雑誌sookを読んでみて!

カテゴリー:  22時30分21秒

小学館のネット雑誌sookの「昔売ります」で
「天ぷら」の記事に協力しました。昭和30年代に
お家でつくっていた天ぷらはどんなだったかなーと
という記事です。
http://www.magsook.jp で読んでみてください。

6月は、通常のクラスでは、カツオが登場します。
ほかに、梅干しと梅シロップのクラスと
和食の基礎的なメニューのクラスを計画しています。
内容は、出汁をとってお味噌汁、アジをおろして
アジのたたき、新ジャガイモの煮物などです。


2008年5月11日(日曜日)

ナツミカンやハッサクの花が咲き始めました。青梅も丸く育ってきましたが・・・・

カテゴリー:  21時57分28秒

たけのこ掘りが終わってほっとしています。
掘りたてはやわらかくてほんとにおいしいのですが、
一度にドット出てくるので、掘ったり、ゆでたり、配ったり、
かなり忙しい。ことに雨後のたけのこといいますが、
ひと雨の後は、あちら、こちらに頭を出してきます。

青梅は、丸く大きくなってきてますが、今年は、風が強くて
ポトポト落ちてくるのが多いんです。果たしてちゃんと収穫
できるのかやや不安。
6月10日(火)6時半と11日(水)13時に梅干を漬ける予定です。

今、柑橘類の花が咲きはじめ、甘いかおりを漂わせています。
昨年は、一杯実をつけたので、今年は少し疲れちゃってるかもしれない。お礼に肥料を入れなくては。

5月のイタリアンは大好評! 旬のイサキのバルサミコ風味、鶏肉と新じゃが、そら豆の白ワイン煮込みなど。トラットリア気分です。

6月は、カツオにしよう! あれもこれも作りたいっという感じ。


2008年4月30日(水曜日)

4月から全てのクラスが月一回に。4月のメニューは、たけのこやうどなど、春野菜中心の和食でした。

カテゴリー:  23時59分43秒

4月は、一気に過ぎてしまってもう明日から5月なんだ!
裏庭のたけのこは、この一週間で最盛期を迎え、100本くらい採れてしまいました。小さい10本ほどは、下ゆでにしたものを焼酎に浸け込み、暮れにお正月の煮物に使います。

今年は、フキも一杯採れて、フキ味噌や、きゃらぶきなど食卓は
楽しい感じ。

5月のメニューは、イタリアンです。新じゃがとソラマメを合わせたとり料理。ブロッコリーのパスタ。春らしいきれいなサラダなど。

特別クラスとしては、餃子を再度いたします。14日(水)13時です。
先日の先生のお母様が中国からいらっしゃっているので、この方に
教えていただきます。

4月から全てのクラスを月一回にしましたが、メニューをどのように組み立てたらよいかいろいろ考えています!


2008年3月31日(月曜日)

成城は、桜が満開。

カテゴリー:  17時36分38秒

今日は、もう桜が散り始めました。
4月はやっぱりたけのこがシーズン。今年は、焼きたけのこご飯を紹介いたします。山うどとホタルイカの浸し煮、鰆の桜蒸しなど、季節の味を楽しく作ってみましょう。

4月16日、ウィークデーのお菓子教室でシュークリームをつくります。


2008年3月15日(土曜日)

3月後半メニュー。キエフ風のチキンカツレツ。キノコのグラタン・材料に大根を使います。さっぱりした味わいです。

カテゴリー:  11時09分24秒

梅の花がちらちらと散り続けてます。メジロ、ヒヨドリ、たまにウグイスも蜜を求めて花の周りを飛び回ってます。受粉が成功して実になるのが楽しみ。 梅酒、梅干の原料だもの。

たくさん採れたナツミカン、ハッサクはそのまま食べたり、マーマレードや、ジュースにしたり、まだ楽しんでいます。

裏庭のフキノトウは、もうすっかり育って伸びています。これを使って”のびのびフキ味噌”を作ろうかな?

3月後半メニューは、チキンカツレツーキエフ風。 春のキノコグラタン 大根を使います。え?グラタンに大根って思うでしょ。


梅の木にメジロやヒヨドリが来て花の周りを動き回っています。受粉が上手くいって梅の実が一杯なるといいなあ

カテゴリー:  10時40分20秒


2008年2月29日(金曜日)

3月。風はまだ冷たいけれど、陽射しはなんだかやわらかい感じ。3月前半のメニューは、おいしい中華です。

カテゴリー:  23時11分21秒

3月前半のメニューは、ブリとねぎの煎り焼、白身魚のとろとろスープ、アサリのトウチ焼き、菜飯などの中華メニュー。お家のおかずに
ピッタリです。
月1回クラスは、春のお寿司とふきのとうを使ったお味噌汁。

3月12日には、うちの庭で収穫したナツミカンでマーマレードをつくります。今年は、ほんとに、よく実がつきました。無農薬の原料で、自分でつくったものは、絶対安全な食品です。

3月22日には、中国人の方に皮から手作りする家庭の餃子を教えていただく予定です。


2008年2月15日(金曜日)

[無題]

カテゴリー:  16時33分36秒

2月後半は、ひな祭り向きにかわいいひとくち寿司をつくっています。花、手綱、はまぐりなどの形にまとめます。ふきのとうのを使った春の香りのお味噌汁と共に。

2月10日、夏ミカン、はっさくの収穫をしました。今年は、かんきつ類のなり年で方々のお庭に一杯実をつけた木を見かけますね。沢山採れた夏ミカンでマーマレードをつくります。

3月12日、10時、久しぶりの加工クラスで庭採れの夏ミカンを使ったマーマレードづくりです。 マーマレード入りのケーキもつくります。


2月後半メニューは、かわいい一口寿司5種類です。

カテゴリー:  16時02分37秒


2008年1月27日(日曜日)

エジプト料理楽しいおいしい体験でした。

カテゴリー:  23時07分45秒

19日のエジプト料理、羊のキャバブの予定でしたが、あいにく品切れだったとのことでAFAFさんが鶏肉を持ってきて下さいました。特別なしめ方で処理した鶏肉です。薄切りにし、ピーマンやにんにくのみじん切りをもみこんで30分おき、玉ねぎ、ピーマンと炒め合わせ、塩と香辛料たっぷりで味付け。エジプトパンを2ツ切りにして袋をつくり、出来上がった鶏肉のキャバブを中に詰めていただきました。ヒヨコ豆のスープはクミンの香をきかせたやさしい味。モロヘイヤスープは、特別な包丁を持ってきていただき、なめらかになるまでたたき切りして、鶏肉のスープに混ぜこみました。食感は、まるで
とろろ汁みたいでした。
AFAFさんは、東京外語大学で言語学を勉強しておられます。小さい時からお母様のお手伝いをしていてお料理を覚えたのだそうです。お料理が大好きなんですって。写真は、外国人によるお国料理の画面で紹介します。

2月前半のメニューは、ロシア料理。サケのあったかーいスープ。じゃが芋のお団子にサワークリームソース。リンゴのデザートです。

2月9日はケーキクラス。リンゴのタルトとチーズパイです。お楽しみに。


2008年1月25日(金曜日)

2年ぶりに、東京雪でした。エジプト料理の先生のアファフさん

カテゴリー:  12時20分21秒


2008年1月10日(木曜日)

エジプト料理のメニュー決まりました。羊肉、ヒヨコ豆、モロヘイヤなど、特色のある素材を使う料理です。

カテゴリー:  21時50分01秒

7日の夜、留学生会館でアファーフさんと会い、
19日のエジプト料理のメニューの打合せをしました。
羊肉のキャバブ、モロヘイヤのスープ、ヒヨコ豆の
スープです。ナンや白いご飯と会わせて食べます。
肉、野菜、豆、香辛料などは、アファーフさんが
そろえてきてくださいます。楽しみ!


2008年1月7日(月曜日)

お正月お天気続きでした。富士山が連日よーく見えました。

カテゴリー:  22時15分26秒

おせちのブリ昆布締め、とってもおいしく仕上がりました。
塩をしたブリを酢で湿らせた昆布で巻き、2日くらい締めて
切っていただきます。毎年好評の一品。
黒豆、かずのこ、ごまめも全て自家製。おせちを自分で
つくるのって楽しいです。

3日は親類の家の集まりがあり、ホロホロ鳥のロースト、沖縄名物のチラガー(ブタの顔の皮)の燻製を持って行き「珍しいー」と
喜ばれました。ここの家族は、長くドイツに住んでいたので、
毎年サワークラウトを作って待っていてくれ、私はいつも、暮れから
楽しみにしています。

クラスは、11日から始まります。メニューは、冬野菜の大根、カブを
使った中華。牡蠣の卵寄せ、中国風の小豆粥もつくります。下ごしらえ、仕上げに電子レンジを使います。

19日には、留学生のアファーフさんにエジプト料理を紹介していただきます。


2007年12月30日(日曜日)

自家用おせち準備中です。

カテゴリー:  14時19分31秒

自家用おせち定番は、ブリの昆布じめと10種類の野菜の旨煮です。他に、錦たまご、アナゴの昆布巻き、栗きんとんなどなど。
29日から準備をしています。
2008年のクラスは、1月11日から。  冬野菜たっぷりのおかずメニューをそろえます。


2007年12月16日(日曜日)

12月後半は、お正月向きのお料理の数々。

カテゴリー:  17時16分53秒

12月前半の野菜たっぷりで包んで焼くローストビーフ好評でした。15日は、クリスマスにお家でつくったり、持ち寄りパーテイー向きの
チーズケーキとマロンクリームをはさんだケーキを山型にセットしてホイップクリームで仕上げたモンテビアンコをつくり大満足。     12月後半は、黒豆や、錦たまご、松風焼など伝統的なお正月料理とマグロのマリネ、ハスのワイン煮など組み合わせます。


とっても日が短くなってきてきてクリスマス間近かです。

カテゴリー:  16時59分15秒


2007年11月29日(木曜日)

12月は、クリスマスやお正月向きのお料理をつくります。

カテゴリー:  22時37分47秒

12月前半は、野菜をたっぷり使ったローストビーフ。クラシックなエビのドリア、クリスマス向きの華やかなサラダなどです。

12月15日は、ケーキクラス。 ロールケーキ生地を焼き、薄切りにして重ね、ホイップクリームで仕上げるモンブラン。もう一品は、桃のシロップ漬けを使ったレアチーズケーキです。

今年もたくあん漬けの季節。10日に漬け込みの予定です。


12月は、お家でつくったり、持ち寄りパーテイーに使える

カテゴリー:  22時25分43秒


今年もあとひと月。12月葉、クリスマスや、お正月向けのお料理をつくります。

カテゴリー:  21時54分56秒


2007年11月15日(木曜日)

先週は、柿の収穫しました。高い所にあるのは、鳥にプレゼント。明日は、ミカンの収穫予定。

カテゴリー:  22時33分39秒

11月後半のメニューは、そろそろクリスマスやお正月にも使えそうなお料理です。道明寺粉とナッツをいろいろ合わせて若鳥のおなかに詰め、楽しみなローストチキンをつくります。

今月のエジプト料理は、講師のアファフさんの都合で延期になりました。ちょっと残念。来年、もう一度企画いたします。

明日からほんとうに寒くなるようです。良い食事をして、カゼなどにつかまらないようにしようと思います。


2007年10月21日(日曜日)

このところ、ロシア料理にはまり、ケーキのクラスでもリンゴジャム入りのピロシキをつくりました。

カテゴリー:  18時38分43秒

11月前半は、和食メニューです。温かい汁物、けんちん汁にキノコもたっぷり入れようと思います。おしゃれな豆腐の蒸し物、青菜のおひたしなど。
11月17日は、エジプトの留学生アファーフさんに、羊のキャバブ、モロヘイヤのスープなどの家庭料理を教えていただきます。


10月後半は、野菜のピロシキ、キノコのスープなどロシア料理でした。

カテゴリー:  18時22分53秒


2007年10月7日(日曜日)

ようやく秋の食材が似合う気候になった感じ。10月前半のメニューは、キノコやナスを使った中華です。

カテゴリー:  12時27分54秒

10月前半のメニューは、秋の味覚キノコをたっぷり使った炒め物や揚げナスにふわふわオムレツをのせたおいしい中華料理。
夏の疲れ回復にピッタリ。つくるのも簡単です。

13日(土)は、ケーキクラスでクレ−ムブリュレとジャム入りピロシキ。フランスとロシアの家庭菓子です。

後半では、このところはまり気味のロシア料理で、キノコのスープ、
サケの」衣揚げ、野菜のピロシキを作る予定です。


2007年9月7日(金曜日)

夏休み明けのクラス。冷たいボルシチ、デザートみたいな色合いです。

カテゴリー:  14時54分44秒

9月4日から、夏休み明けのクラス始まりました。冷たいボルシチといかのサラダはロシア料理。とりとナスの香草焼、グリルしたナスの
トマトマリネはイタリアン。4品とも、元気の出る家庭のおかずメニューです。

15日は、ラオスの留学生アノンペットさんから、ラオスの伝統的な家庭料理のゴインムー(豚肉と煎りもち米の炒め物)、青パパイヤのサラダ、魚スープ、とうもろこしのデザートを教えていただきます。昨日打合せを済ませました。

後半メニューは、里芋や、サンマで和食の予定です。


2007年8月12日(日曜日)

ほんとうに暑い夏です。梅雨がなかなか明けなかったので梅干は、8月になってから仕上げました。

カテゴリー:  15時04分38秒

8月になってようやく梅を干しました。例年より2週間くらいおそくなりましたが、赤シソ色のすっぱーい,おいしーい梅干に仕上がりました。
夏休み、美味しいものをゆっくりつくっています。 手早く、スピードでこなすお料理と合わせて楽しんでいます。
7月半ばに、西川口駅の近くにできたお惣菜の店、「ぬくもりや」のメニューもあれこれ考えています。
9月前半は、茄子でイタリアンの予定です。ロシアのイカのサラダも
紹介するつもり。
9月15日(土)は、ラオスの家庭料理をアノンペットさんから教えて頂きます。


2007年7月16日(月曜日)

7月後半のメニューは、中華です。ゴーヤー、なすを使います。夏バテしないように豚肉をウーロン茶で煮込んだものなど。27日(金)19時から「30分で作る

カテゴリー:  17時20分39秒

6月末、梅漬けに赤シソを入れました。梅酢がきれいな紅色になりました。梅雨が明けて、お天気が安定したらバーンと干して梅干が出来上がります。仕上がりまでもう少しのところまで来ました。

7月後半メニューでは、豚肉のウーロン茶煮をつくりながら、ゴーヤーの牛肉炒め、蒸し茄子(電子レンジで)、ちょっと変わった冷奴を
仕上げます。豚肉には、黒コショウをたっぷりきかせます。

7月27日金曜日19時、「30分でつくる夏の夕食メニュー」をつくります。ゴーヤーともやしのあえもの、ナスとインゲンの炒め煮、
豚肉とキノコの塩焼き、くずし豆腐とアーサーの味噌汁です。
夏の暑さに負けない体力をつける料理を段取り良く短時間で!


梅雨はまだ明けませんが、今年の夏は暑そうです。

カテゴリー:  16時43分36秒


2007年6月21日(木曜日)

7月前半のメニューは和食。夏向きの肉料理です。

カテゴリー:  16時27分38秒

6月10日、梅雨を待たずに梅もぎをしました。今年は、8キロ収穫。半分ずつ梅干と梅シロップを作ることにしました。
7月前半のメニューは、和風の肉料理の予定です。梅風味の蒸し豚、鶏肉のグリル焼、オクラやミョウガを組み合わせます。
7月14日、ケーキクラスの特別メニューでピッツアとフォカッチャを作ります。


梅の収穫は8キロでした。毎年よりやや少なめです。

カテゴリー:  16時00分23秒


2007年6月9日(土曜日)

6月10日、梅もぎを予定しています。後半メニューは、ガスパチョ、梅ゼリーなど。

カテゴリー:  11時06分09秒

今年は、梅雨入りがおくれてますが、10日には、庭の梅もぎをする予定です。どれぐらい採れるかなあ。例年よりは少なめの感じです。
6月後半のメニューでは、カジキマグロのトマトソース焼、ガスパチョなどトマトをたくさん使います。昨年仕込んだ梅シロップでゼリーも作る予定。


2007年5月30日(水曜日)

6月前半のメニューには、ミャンマー料理が登場します。

カテゴリー:  17時59分03秒

19日、なかなか出会う機会が少ないシリア料理を、イマン先生に教えていただき、貴重な時間を過ごしました。米に骨付牛肉と茄子を会わせたMaklubaというシリアの家庭料理が中心。サラダは、ミント、クミン、唐辛子の風味を利かせたものでした。スイーツは、米をミルクと砂糖で煮込んだもので、バラの香りのするシリアの伝統的家庭菓子でした。

6月の前半メニューでは、ミャンマーのじゃが芋料理を紹介します。
カツオ、ソラマメなどの季節材料で一寸目先の変わったものも作ってみます。

6月9日、梅干を漬けます。


イマンさんのシリア料理は、骨付き牛肉となすを使った米料理が中心でした。

カテゴリー:  17時21分30秒


2007年5月13日(日曜日)

5月後半は、和食メニュー。19日には、シリアの家庭料理講習です。

カテゴリー:  17時57分53秒

ハッサクに加えて夏みかんも花真っ盛り。マーマレードの原料がたくさん採れそうです。
5月後半のメニューは和風で、新じゃがと肉団子の煮物、アジのたたきなど。沖縄料理のチャンプルーも一ついたします。
19日は、イマンさんのシリアの家庭料理。前日に特別な牛肉を受け取り、下準備をしておきます。
6月は、梅漬けのシーズンです。クラスは9日の予定です。家の梅の収穫は、今年はイマイチの感じです。


夏みかんの花真っ盛りです。5月後半は和食です。新じゃがの煮物、アジのたたきをサラダ感覚で

カテゴリー:  17時36分00秒


2007年4月28日(土曜日)

ハッサクがつぼみを沢山つけました。5月前半のメニューは、魚のおなかに香草を詰めたオーブン焼き。黄色のパプリカといんげんのコントルノなど。お家でつくるイタリアンです。

カテゴリー:  14時02分04秒

芽吹きのおそかった梅の若葉も大分そろってきました。ハッサクのつぼみもたくさんつき、花の香りが今から楽しみです。
5月前半は、イサキかスズキのおなかに香草を詰めて一匹ごとオーブンで焼きます。コントルノ(野菜の付け合せ)は、黄色のパプリカといんげんではなやかです。パスタも一品つくります。
19日のシリア料理は、骨付き牛肉と茄子を合わせた米料理、シリアの伝統的なお米を使ったお菓子などです。
今回の講習会での撮影は、お料理のみにしていただくことになっています。


2007年4月16日(月曜日)

庭は、スミレがいっぱい。4月後半のメニューは、中華のたけのこ料理が中心です。

カテゴリー:  16時39分00秒

4月後半のメニューは、中華です。まだ新タケノコのシーズン。炒め煮とクリーム和えをつくります。イサキを一尾下ろす予定もあります。デザートも一品。
少し早めのお知らせですが、5月19日に、シリアの家庭料理講習会をいたします。あまり出会う事のないシリア料理です。ご期待下さい。
庭では、スミレのほか春の草花がいっぱい。春が来たなあと思っています。でも今年の梅は、いつもと違って少し心配です。気候が不順だった為か、葉の芽吹きがおそいのです。小さな青い実はついていますが「しっかり育ってね」と見守っています。


2007年3月29日(木曜日)

成城の桜も満開です。4月のクラスの頃、花が残っていると良いのですけど。4月前半は、たけのこづくしのメニューです。

カテゴリー:  22時17分51秒

成城の夜桜を見てきました。なかなかきれいです。
4月の前半メニューは、たけのこづくしにいたします。若竹煮、山菜天ぷら、きんぴら、かき玉汁。全てに、たけのこを使います。
ケーキクラス14日は、イチゴの生ジュースから作るゼリーとショートケーキ。 加工クラス20日は、マーマレード。手作りの味は格別です。
土曜日の家庭料理クラスに参加していた、ロシアの留学生ジーナさんが、28日帰国されました。クラスに入って、長期間、日本の家庭料理を学んだ外国人は、彼女が初めてです。上智大学で言語学を研究する傍ら、日本の食文化、食生活について沢山の事を熱心に学ばれました。感心しています。


2007年3月11日(日曜日)

3月後半メニューは、和食でカキご飯、たらの芽の和え物など。10日のエクレアとってもおいしいのが出来ました。

カテゴリー:  16時36分10秒

今年は、ノロウイルスの影響でカキのメニューが一寸出遅れましたが、3月後半は、おいしくカキご飯を作ります。春らしいたらの芽の和え物や、アサリの卵とじも。
10日のエクレア、とってもおいしく、かわいらしいのができました。
プチシューやシューのお皿も焼き、お花のようなトルタデシューも仕上げました。ケーキクラスの写真をご覧下さい。
2月のロシア料理講習会の写真は、外国人のお国料理紹介の記事をご覧下さい。


2007年2月23日(金曜日)

3月前半のメニュー・・チキンカツ(薄切りでつくりやすい)、カリフラワーグラタンなど。3月10日は、ケーキクラスでエクレアの予定。

カテゴリー:  21時48分47秒

今年、東京では雪は降らないのかしら。庭の梅も散り始め、メジロがやってきて受粉のお手伝いをしています。6月に、どれくらい梅が収穫できるかなと思ってます。
3月前半のメニューは、チキンカツレツ、カリフラワーのグラタン、菜の花とカキのあっさりパスタです。
3月10日は、エクレアをつくります。


2007年2月12日(月曜日)

アンナさんのボルシチ講習会。2月後半メニューは、エビの蛋黄醤。

カテゴリー:  16時19分31秒

2月10日、ロシアの留学生アンナさんにボルシチとブリニーを教えていただきました。ボルシチは、ビーツを使ったほんとの味で美しい紅色。おいしい出来上がりでした。牛、豚肉と玉ねぎでスープを取る事からはじめ、短冊切りのビーツ(生)、キャベツ、小さい乱切りのじゃが芋、にんじん、炒めたビーツを順に入れて1時間くらい煮込みました。さらにみじん切りの玉ねぎとおろしにんにく、小麦粉を炒め合わせて入れ、少量のトマトも加えて全部で3時間くらい煮込みました。
煮込みの間に、ブリニー(ロシアのクレープ)を20枚くらい焼き、具を包んでもう一度焼いて仕上げました。 具は、牛ひき肉と、玉ねぎ、ゆで卵の粗みじん切りを炒めたものとデザート風につるこけもものジャムでした。
ゆっくり煮込みをしながら、ロシアの色々なお話を聞くことができ、時間をかけてお料理を楽しむ事ができました。
アンナさんは、法政大学で経済地理学を研究しておられ、3月には、ロシアに帰られます。お料理を習った事はないそうですが、よくおばあさまのお家に行き、つくっているのを見ていたとのことでした。
すばらしい!

2月後半のメニューは、中国料理。カキの煎り焼、エビの蛋黄醤など。蛋黄醤ってなに?マヨネーズのことです。


2007年1月28日(日曜日)

2月前半のメニュー・・ブリ大根、春のちらし寿司など。2月10日はボルシチとブリニーの特別講習

カテゴリー:  14時18分58秒

今年の1月は、暖かい日が続きました。池の氷もすぐに解けてしまいます。

1月19日、準備しておいた白菜の下漬けを使ってキムチを2種類仕上げました。お茶の葉や、砂糖を利用したサバの簡単スモークも。

2月前半には、ブリ大根、春のちらし寿司などつくる予定です。

2月10日は、留学生のアンナさんにロシアの家庭料理を教えていただきます。ビーツのきれいな紅色を楽しめるボルシチとあっさり味のロシアのクレープ、ブリニーです。


2007年1月15日(月曜日)

キムチ作りの予定と1月後半のメニュー・・キッシュをつくろう!

カテゴリー:  22時06分43秒

今年のキムチづくりは、1月19日(金)、19時からです。
もう、白菜の下漬けを始めました。
今年は、白菜の出来が良く、値段も安い。たくさん食べましょう!
キムチは2種類、他にサバの簡単スモークもつくります。

1月後半のメニューはキッシュが中心です。小麦粉とバターで生地からつくります。ほかにサバのマリネなど。

2月10日、留学生のアンナさんにロシア料理を教えていただく予定です。


2007年1月6日(土曜日)

伝統的なお正月料理を留学生と楽しむ

カテゴリー:  17時16分14秒

毎年、色々な国の留学生に、日本の家庭でつくられてきた伝統的な正月料理を経験してもらう会を開いています。 私の家で、私がつくったおせち料理をお出します。
今年は、1月5日に、シリア、アルジェリアそしてパナマの方がいらっしゃいました。
お屠蘇から始まり、祝い肴のかずのこ、ごまめ、黒豆を、なぜ食べるかなど簡単に説明しながら味わっていただきました。その他、カマボコ、ブリの昆布締め、錦卵、昆布巻き、きんとん、お煮しめなど全てに興味を示して食べていただきました。
今年は、お二人が、イスラムの方でしたが、私の家の正月料理には、豚肉を使用しないので安心して食べていただけました。お二人は、飲み物はお茶だけでお屠蘇は、香りだけ経験されました。
食事の間、異なる国の食文化その他にについてさまざま話し合い、とっても楽しい時間を過ごしました。

新年のクッキングクラスは、1月9日から始まります。前半のメニューは、白菜、大根、ほうれん草に、豚肉、カニなど合わせて中国料理です。


2006年12月10日(日曜日)

12月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

今年最後のメニュー案内になります。

12月後半は、伝統的なお煮しめです。
とりつくねの旨煮を盛り合わせます。
他にいかと大根のなますなど。
色々な野菜のお煮しめや、なますは、正月料理の栄養バランスを保つのに役に立ってると思います。

12月1日、たくあんを漬けました。
10日後の今日、糠の表面は、しっとりとして、漬け上がりが楽しみです。参加した方には、1月下旬か、2月初旬にお渡しできます。

12月9日、紅色が美しいラズベリームースのケーキ、リース型とステッキ型のクッキーを2種類作りました。
クリスマス準備の気分盛り上がりました。


2006年11月30日(木曜日)

12月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

11月後半メニューは、ローストチキンとパイ包みで夢中でしたが、またたく間に過ぎてしまいました。
12月前半は、クリスマスやお正月に作ってみたいお料理です。
ゼリー寄せ、ささみの巻き物、ふくさたまごなど。毎年好評の黒豆も。

12月1日は、たくあん漬。今年は、気候がメリハリ不足で干し大根の出来上がりが、ややおくれているようです。例年よりも寒い地方からの原料を使います。

12月9日(土)は、ケーキ。
ラズベリーのムースにスポンジケーキをはめ込みます。
かわいいクリスマスクッキーも。

12月後半は、お煮しめの予定です。


2006年10月31日(火曜日)

11前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

今年もあと2ヶ月。
もうクリスマス料理が登場ということになります。
月2回クラスの11月前半は、秋の和風家庭料理。
はすのはさみ揚げ、信濃蒸し(電子レンジ利用で素早く、おいしく)、さつまいもと昆布の煮物などです。月1回クラスでは、ポテトを詰めたローストチキン、パイ生地をかぶせたシーフードグラタンなど。少し時間はかかります。
11月11日(13時)ソーセージ作り。 
ウインナとフランクフルトを作ります


2006年10月15日(日曜日)

10月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

10月後半は、洋風家庭料理。
チキンカレーとバターライス、ほうれん草の洋風卵とじ、リンゴのキャラメルがけなど。
チキンカレーは、じっくり長く煮込むタイプではなくて手軽に出来ます。
レトルトに慣れた人でもやってみようという気分になれます。

10月14日のナイジェリア料理。
先生は、東大の宇宙工学系の大学院生テミさんでした。
お子さんのペルミも参加。
アフリカの料理はあまり接する機会がありませんが、豆類が沢山入った炒めるクスクス、生野菜を会わせたサラダ風クスクス、料理用バナナのフライ、ヤム芋のマッシュをオクラと干しエビのスープにからめて手で食べる料理など4種類を教えていただきました。
料理を作りながら、また出来上がった料理をかこんでいただきながら、使った素材の説明や、アフリカの色々なお話を聞くことができ、楽しいクラスでした。
写真や詳しい説明は、外国人によるお国料理紹介のページで来月紹介いたします。


2006年9月23日(土曜日)

10月前半メニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

10月前半メニューは中華です。
漬け上がった梅を利用した鶏肉料理、家庭でつくるビーフン、なすと枝豆を使った一品など。

10月14日のナイジェリア料理は、クスクス2種。
ヤム芋のお団子とオクラのスープ。
青いバナナのフライを留学生のテミさんが教えてくださいます。
テミさんがいうには、「クスクスは、パスタのすごーく細かいの」ということです。
たくさんあるクスクス料理から2種選んでくださいました。


2006年9月14日(木曜日)

9月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

9月後半のメニューは、秋の味覚サンマの料理、きのこの炊き込みご飯など、和風のお家でつくる料理です。
おいしいゴマだれとあわせた蒸しなすも。

10月14日(土)、ナイジェリアの家庭料理を致します。


2006年8月26日(土曜日)

夏休み明けのメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

今年は梅雨明けが遅く、梅干の仕上げにちょっと、とまどいましたが無事に出来上がり、赤梅酢を使ってきれいな紅生姜も仕上がりました。
もうすぐ夏休み明け。
9月前半のメニューは、茄子を使って3品。
マリネ、ファルシー、ピラフをつくります。
グリーンソースがおいしい魚のグリルも。
9日のケーキクラスは、フォカッチャ、キャラウエイシードケーキの予定です。


2006年7月12日(水曜日)

7月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

7月後半のメニューは、夏向き中華です。
茄子、青唐辛子、トマト、スナップえんどうなどを使い、暑い夏もおいしく過ごしましょう!

7月8日のフレンチ家庭料理。
講師のグレゴリーは、東大でロボットの研究をしている大学院生です。 キッシュはお父様の、じゃがいも料理はお母様の、ガトーショコラは、彼自身のお得意料理だそうです。
3品ともとってもおいしく出来上がり、みんな大満足でした。


2006年6月28日(水曜日)

7月前半の予定

カテゴリー:  00時00分00秒

7月前半のメニューは和食です。
薬味たっぷりの焼カツオ、お惣菜向きの天ぷら、天つゆや、麺つゆ作りに重宝な八方だしなど。

7月8日、留学生グレゴリーさんによるフランスの家庭料理。
キッシュ、アシパルンマテイェ(じゃがいも料理)、ガトーショコラなど。

7月16日、留学生のための日本の家庭料理講習会。
昨年好評のいなり寿司、洋風和食の代表みたいなコロッケなど。

自宅の梅シロップは4kg、梅干は7kg漬け込みました。
今年は、少ないかなと思ってましたが、結構たくさん採れました。


2006年6月12日(月曜日)

6月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

サッカーの試合が始まる前に大急ぎで書き込みます。

6月後半のメニューは、イタリアン。パスタオムレツ、ジャンボネッテ(鶏肉の詰め物)など。

10日には、加工クラスで梅干、梅シロップを仕込みました。

自宅の梅もぎは13日の予定。


2006年5月25日(木曜日)

梅の実

カテゴリー:  00時00分00秒

梅の実、大きく、まあるく育っています。
今年は,落果が多いようですが、何キロくらい採れるかしら。

6月10日は、予定どうり、午前10時から梅を漬けます。

6月前半のメニューは、中華です。
新キャベツを使って回鍋肉、味噌あん入りの花巻児、うづら卵のスープ煮など


2006年5月13日(土曜日)

夏みかんのタルトレット

カテゴリー:  00時00分00秒

13日、ケーキクラス。
先ず小型のケースを焼きました。
次に夏みかんのシロップ煮をつくり、このときに出来る甘酸っぱいジュースを使っておいしいクリームが出来上がりました。
クリームをケースに詰め、シロップ煮の夏みかんを載せて仕上げ焼き。サクサク、とろーりのおいしさでした。
にんじんをたっぷり入れたキャッロトケーキは、あっさりめで、生クリームを添えていただきました。

6月10日、午前10時から梅干を漬けます。
梅シロップも漬けます。梅干のできあがはりは、盛夏。
シロップ漬けは当日お持ち帰りです。
家の梅は、先日に強風で少し落ちましたが、まあまあしっかり育っています。

5月後半のメニューは、和食です。
豆乳からつくる滝川豆腐、和風仕上げの厚切り焼肉、ふんわり卵とじなど。


2006年4月24日(月曜日)

5月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

5月前半のメニューはイタリアンです。
春野菜のパスタ、トマトのゼリー、カジキマグロのソテイーなどです。

5月13日は、夏みかんを使ってタルトレットの予定です。

庭の梅の実まだまだ小さいけれど、梅干の原料になるために頑張って育っています。


2006年4月11日(火曜日)

4月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

4月後半のメニューは中華です。
たけのこと肉の煮込み、にらレバ炒め、白きくらげを使ってデザートも。

8日には、前日に収穫した夏みかんでマーマレードを煮上げました。
ほどよい苦みのおいしいのが出来上がりました。
煮ている間にスコーンを焼き、クロテッドクリームも添えて
テイータイム。
いい気分でした。


2006年3月31日(金曜日)

4月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

4月前半のメニューは、出回り始めたたけのこを使います。
リクエストのあった煮魚、あえもののほか、よもぎ麩を使ったデザートも作る予定。

今年は、庭の夏みかんが、いっぱい実をつけました。
8日の加工クラスでは、自家製夏みかんでマーマレードを作ります。
スコーンも焼いて、出来立てのマーマレードとあわせて楽しみましょう!


2006年3月14日(火曜日)

3月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

3月後半のメニューは、洋風のおかずです。
ホワイトソースのリクエストがありましたので、ちょっと変化させて、シーフードのグラタン。
タコとじゃがいものサラダなど。

11日の手打ちうどん、とってもおいしく出来上がりました。


2006年2月28日(火曜日)

3月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

明日はもう3月! 未だ寒いけれど、暖かい春はもうすぐ。庭の梅も咲き始めました。

3月前半のメニューは、カキの包み揚げ、肉団子と芽キャベツの炒め合わせ、おいしいチャーハンなどです。
チャーハンはあんかけ仕上げです。

3月11日は、加工クラスで手打ちうどんとさつま揚げをつくります


2006年2月14日(火曜日)

タコスおいしかった

カテゴリー:  00時00分00秒

2月11日のメキシコ料理、他の楽しくおいしいレッスンでした。
講師は、農大の造園科と農業経済科の留学生、フランシスコとヴィルヒリヤでした。
先ず、トルテイーヤをつくる器具や、材料の説明から始まりました。とうもろこし粉をこね、お団子を作り、フランシスコがつくった器具で平たく伸ばして両面を焼きました。
この仕事は、時間がかかるので、彼らは、朝から、沢山のトルテイーヤを焼いて持ってきてくださり、私たちで焼いたもののほかに沢山食べる事が出来ました。
ほんとに親切。
フィリングは、鶏肉と玉ねぎのピリ辛炒めと牛ひき肉の香菜炒め。ソースはアボカドをすりつぶしたグアカモレ。サボテンのピクルス、ハラペーニョのピクルスも。
トルテイーヤに好みにアレコレはさんでお腹がいっぱい。満足。

2月後半のメニューはアナゴの押し寿司、鶏肉と湯葉の煮物、お吸い物などです。


2006年2月3日(金曜日)

メキシコ料理

カテゴリー:  00時00分00秒

メキシコ料理のメニューが決まりました。
タコスです。 
とうもろこしの粉を使ってトルテイーヤをつくるのから教えて下さいます。
鶏肉や、牛ひき肉がフイリングで、ソースはアボカドでつくります。
先生は、2時間半くらいでできるといわれてますが、私の予想としては、3時間くらいかかりそうです


2006年1月29日(日曜日)

2月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

2月前半は、リクエストのあったロールキャベツ、大型エビ辛味炒めスペイン風など洋風のお惣菜を予定しています。

2月11日(土)はメキシコ料理を留学生のフランシスコさんに教えていただきます。


2006年1月9日(月曜日)

お正月料理を食べる会

カテゴリー:  00時00分00秒

1月6日、お正月休みにに自国に帰らない留学生の方たちに、日本の家庭のお正月料理を食べていただく会を開きました。
お屠蘇から始めて祝い肴のかずのこ、ごまめ、黒豆。
伊達巻、栗きんとん。
かまぼこにブリの昆布締め。
煮染めに紅白なます等。
今年は、ドイツ、メキシコ、フィリピン、ロシアからの方たちでした。
箸紙に名前を書き入れ、漆塗りのお椀で東京風のお雑煮を
味わっていただきました。
好奇心いっぱいで何もかもたいらげて下さって嬉しかったです。

10日からの中国料理は、牛肉のカキ油炒めに白菜、青梗菜、もやしを組み合わせてメニューを仕上げます。

1月21日(土)には、加工クラスで簡単白菜キムチ、自分の味のレバーペーストをつくります。参加してみてください。


2006年1月4日(水曜日)

新年のクラス

カテゴリー:  00時00分00秒

新年のクラスは、1月10日から始めます。
中国料理です


2005年12月29日(木曜日)

今年もあと2日

カテゴリー:  00時00分00秒

自家用のおせち料理準備中です。

1月のメニューは、ご馳走続きの後、ちょっと胃の休まるようなお料理をご紹介します。


2005年12月11日(日曜日)

12月後半メニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

今年最後のクラスでは、お正月向けメニューを作ります。
甘過ぎない伊達巻や椎茸の肉詰めの甘辛煮など。
毎年好評の黒豆も準備中。

留学生のためのお正月料理講習も無事終わりました。
栗きんとんを作るときに出るサツマイモの皮でオマケにきんぴらをつくったらとても好評。


2005年11月25日(金曜日)

もうすぐ12月

カテゴリー:  00時00分00秒

11月27日(日)の留学生のためのお正月料理講習は筑前煮、栗きんとん(茶巾仕上げ)などつくる予定です。

12月前半は、クリスマス用に、焼き栗をおなかに詰めるローストチキン、そば粉のクレープなど。

12月3日(土)16時からたくあん漬け。漬け上がりは、1月下旬です。
12月10日(土)13時からクリスマスツリーのケーキ。
小型のシューをいっぱい焼いて積み上げ、トップスターやヒイラギを飾るつもりです。


2005年11月14日(月曜日)

11月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

11月後半は、骨付き鶏の煮込みや、レバーとキノコの和え物など中国料理です。
盛り付けをちょっと工夫すれば、近づいてくるクリスマスやお正月向きになります。

11月13日の留学生会館の国際レストランでは10カ国くらいのお国料理が並び、行列が出来ていました。
特徴のあるスパイスの香りが一杯。

加工教室のお知らせです。
12月3日16時より、たくあんを漬けます。


2005年10月31日(月曜日)

11月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

11月前半は、和食です。
サバの味噌煮、中鉢蒸し(一人前づつじゃない茶碗蒸し)、柿の白和えなど季節の味のお家のおかずです。
月一回クラスでは、10月好評のスイートポテト、マッシュポテト登場します。

11月13日は、祖師谷留学生会館の芸術祭です。
11時半から3時頃まで、国際レストランが開かれ、留学生のお国料理が色々紹介されます。
ぜひ見たり、食べたり、経験してみてください。
日本店では、「おいなりさん」が登場。
私も裏方(揚げを煮る)で手伝います。

11月26日(土)か27日(日)には、日本の家庭で作るお正月料理の講習会を留学生対象で行います。


2005年10月26日(水曜日)

ドイツの家庭料理

カテゴリー:  00時00分00秒

10月8日のドイツ料理。

メインはパンでつくるお団子(Semmelknoedel)でした。
多分、本来はかたくなったパンを使うのだと思いますが、小さくちぎったパン、玉ねぎ、ベーコンのみじん切り、卵、ミルクを合わせてしっかり捏ねました。
これを3時間寝かせてから、直径5cmのお団子に丸め、ゆでました。寝かせ時間が足りないと、ゆでるとき崩れやすいんだそうです。
ブラウンマッシュルームをワインで煮込んだソースをかけて出来上がり。
じゃがいも料理は、メイクインを皮付きで蒸し、輪切りにして、炒め、卵をからめて焼き上げました。トッピングは、ベーコンとピクルス。これは、農民の朝食という名前がついています。
きゅうりのサラダは、サワークリームソースであえました。

ブレーメン出身のクリスチアン先生は、夏休みに帰国したとき、
妹さんに、この料理のつくり方をよーく聞いてきたそうです。
妹さんの味と同じものが出来たと大喜びでした。
オマケ話。彼は、声もしゃべり方もセイン・カミュそっくり。


2005年10月15日(土曜日)

10月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

10月後半のメニューは、ポークソテイーに、ピクルスの入ったおいしいソースをかけたのがメインです。
マッシュポテトがつけあわせ。
ブロッコリーのマリネもつくります。
季節のお菓子スイートポテトにはカスタードクリームが入っています。

ドイツ料理は、無事に終わりました。
おなかが一杯のおいしい、おいしいお料理でした。
詳しくはこの次に。


2005年9月28日(水曜日)

ドイツ料理のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

10月8日のクリスチアンさんのドイツ料理講習会では、じゃがいも料理ばかりでなく、バゲットでつくったおだんごに、おいしいキノコのソースをかけたものなど、彼のお母さんや、お姉さんのお得意料理を紹介してくださいます。


2005年9月25日(日曜日)

10月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

ようやく残暑から解放されたみたいです。
秋のおいしい食材を使って毎日の食卓を楽しみましょう!

10月前半のメニューは中国料理です。
なす、キノコ、南瓜など9月のイタリアンや、和食と同じ材料を使いながら異なった味を作り出すのは楽しいです


2005年9月10日(土曜日)

味噌仕込みました

カテゴリー:  00時00分00秒

大豆を水につけ、やわらかくゆでたものを潰し、麹、塩を混ぜ、味噌を仕込みました。
ゆっくり発酵してもらい、出来上がりは、来年10月の予定です。

9月後半のメニューは、もどりかつをのおいしい食べ方、焼サバのお寿司など。


2005年9月5日(月曜日)

味噌の仕込み

カテゴリー:  00時00分00秒

9月10日、お味噌を仕込みます。
麹は、神田明神の鳥居の横の
天野屋さんのを使います。


2005年8月26日(金曜日)

夏休みもうすぐ終わります

カテゴリー:  00時00分00秒

暑い夏、まだ続きそうです。 
紅しょうがもいい具合に出来上がりました。

夏休み明け、9月前半のメニューは、イタリアン。
なす、キノコ、南瓜など野菜をたっぷり使います。
スパイスをきかせたチキンのグリル焼きもつくります。


2005年8月11日(木曜日)

梅を干しました

カテゴリー:  00時00分00秒

8月に入って晴天続き。暑いです。
梅は5日から3日間干し、きれいな紅色の梅干が出来上がりました。赤梅酢もいっぱい出来たので、今、紅しょうがを作っています。9月の加工教室でお渡しします。

9月10日、加工教室で味噌を仕込みます。


2005年7月8日(金曜日)

7月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

この所、梅雨らしいお天気です。
7月後半は、ウナギ、なす、にが瓜を使った中国料理です。

梅雨が明けて晴天が続くようになったら、梅を干します。

8月は夏休み。楽しみ。


2005年6月28日(火曜日)

7月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

6月なのに、まだ梅雨あがっていないのにもう夏です。
7月初めのメニューには、冷たいそうめんのお料理を入れます。
かき氷も入れようかしら。

梅シロップは、きれいなのがいっぱい出来ました。元気出るう。
梅干には、、赤しそを入れます。
加工教室の分は、7月2日の16時、しその葉っぱむしりからはじめます。梅干に参加した方、いらしてね。

6月20日には、留学生に、稲荷寿司と厚焼き玉子を教えました。
インド、中国、ドイツ、ロシアの方たちで、おいしい出来あがりでした。
お国に帰ってから、油揚げが、簡単に手に入るかどうかがちょっと問題です


2005年6月16日(木曜日)

梅の収穫

カテゴリー:  00時00分00秒

6月11日、梅をとりました。
全部で15キロとれました。
まず、12日に梅シロップを5キロつくりました。
残りは、三日間追熟させてから梅干にしました。
ちょっとつかれました。


2005年6月6日(月曜日)

6月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

6月後半は、イタリアン。
スパイスたっぷりのパスタ。
豚肉のマスタード焼きなど。

梅は、週末に収穫の予定です。

6月11日の加工クラスでは、梅干のほか、梅シロップとラッキヨウ漬けを作ります。

6月20日留学生への日本料理講習会でいなり寿司と厚焼き玉子を作ります。


2005年5月28日(土曜日)

6月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

6月前半のメニューは、中国料理です。
新生姜やそらまめなど季節の野菜を組み合わせています。
月一回のクラスでは、5月メニューにあったカマボコ入りの揚げ団子も入る予定で、多分カマボコのお土産つきになります。

梅は、もうすぐ収穫です。


2005年5月20日(金曜日)

ベトナム料理

カテゴリー:  00時00分00秒

5月14日、早稲田の大学院で、国際関係の勉強をしておられるベトナムの留学生マイさんにベトナムの家庭料理を教えていただきました。
メニューはマイさんのお家でいつもつくっている揚げ春巻きと鳥のフォーでした。
春巻きの皮は、マイさんがベトナムからご自分で食べるために持っていらしたものでした。
ふつうに日本で売られている、厚く硬いものではなく、ちょっと塩味がついてやわらかく、肉餡を包むとしっとりと形がなじみ、扱いやすかったです。
とりのフォーは、スープにシナモンと八角を入れ、グリルで焼いた玉ねぎとしょうがも入れて独特の風味がつきました。

いつも思うんですが、お料理を教えてくださる留学生は、勉強ばかりでなく、他のいろいろな面で、とてもバランスのよい生活態度でほんとに感心しています。


2005年5月12日(木曜日)

5月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

5月後半は、アジの梅香煮、かまぼこ入りの揚げ団子など。
ご飯ものも一品。
前半でつくっているテイラミス好評です。

梅は、順調に育っています。
でも風のためか、ときどき落ちて、地面にころがっていていたましい。


2005年4月30日(土曜日)

ベトナム料理のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

昨日、ベトナムのマイ先生にお会いして来ました。
5月14日のメニューは、鶏のフォーと揚げ春巻きです。
フォーとライスペーパーは先生が持ってきてくださいます。
教室で粉から作るのではありませんのでそのおつもりで。
ベトナムの家庭で普通に作られているものだそうです。

梅は若葉の中にかくれてます。
直径2センチくらいになっているものもあります。


2005年4月26日(火曜日)

5月のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

4月には、たけのこを使った和風と中華の家庭料理を紹介しました。
5月前半では、イタリアンにたけのこを使う予定です。
イサキの魚の香味グリル焼は、1尾のままグリルに入れます。

梅はだいぶ育ってきました。


2005年4月14日(木曜日)

家のたけのこ

カテゴリー:  00時00分00秒

裏の竹やぶのたけのこが出てきました。
クラスのたけのこ料理にも使っています。
やわらかくておいしいです。
堀りたてを味噌汁にすると香り、歯ざわり最高です。

梅はいっぱい実をつけました。
直径1センチ位になっています。


2005年4月9日(土曜日)

マーマレードとマーマレードケーキ

カテゴリー:  00時00分00秒

加工クラスでマーマレードとマーマレードケーキをつくりました。マーマーレードは一瓶お持ち帰り。出来立てのケーキと紅茶
で一寸おしゃべり。

桜きれいに咲いてます。町に出るたびに、ちがう道を通ってお花見をしてます。サンショの芽も大分伸びてきて、タケノコ料理に
添えています。

4月後半メニューはタケノコ、ウドなどを使って中国料理。和食とは、ちがったタケノコの味を楽しみます。

次の外国人によるお国料理は、5月14日(土)にベトナムの留学生に来ていただく予定です。

今年、梅はどれくらい実をつけるかなあ。楽しみにしてます。


2005年3月21日(月曜日)

四月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

早いもので、もうタケノコの季節が近いです。スーパーではもうどんどん売っている。裏の竹やぶは、まだシーンとしてます。

四月前半は、和食でタケノコの煮物。わかめとさとうざやを合わせます。白身魚の菜種蒸し、きんぴらごぼうなど。

梅の花びら、風で散っています。今年は、山つばきがとってもよく咲いてます


2005年3月13日(日曜日)

カキのシーズンも終わりに近い

カテゴリー:  00時00分00秒

3月後半のメニューは、シーズンが終わりに近くなってしまったけどジャガイモと組み合わせておいしいグラタン。
それと豚ひれ肉牛乳煮に春の味グリンピースを合わせます。

梅は、満開になりました。少しづつですが、もう散り始めています。メジロとかシジュウカラが来ています。

今年は、方々のお庭に、夏みかんがいっぱいなってますね。
4月
9日には、夏みかんでマーマレードづくり。
マーマレードケーキも作る予定。


2005年3月6日(日曜日)

アップルパイ

カテゴリー:  00時00分00秒

3月12日{土}にアップルパイをつくります。
小麦粉を水でこねてバターを包み、おりたたんで層を作る方法です。2月につくったミートパイよりも、かなり手がかかりますがおいしいの。

3月1日は雪でしたが、梅はがんばって咲いています。


2005年2月28日(月曜日)

3月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

3月前半のメニューは、中国料理です。
山椒の香りを利かせた
牛肉料理。白菜、豆腐料理のほか、お菓子風の餃子も。

月一回のクラスでは、お寿司のメニューの場合もあります。

2月末、寒かったからでしょうか。梅がなかなか咲きそろい
ません。


2005年2月21日(月曜日)

2月後半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

ひな祭りも近いので、五目のお寿司、ハマグリ入りの卵豆腐、
菜の花の和え物などを作ります。

おひな様も飾りました。


2005年2月14日(月曜日)

インドの家庭料理

カテゴリー:  00時00分00秒

2月12日、インドの留学生ソニアさんが、インドの家庭料理を教えてくださいました。
ソニアさんは、慶応大学でマーケッテイングの勉強をしておられる方です。すてきなサリーを着て教室に登場。
1.ポテトパンケーキ(Alu Paratha) 皮付きで蒸したじゃがいもをつぶし、ターメリック、パプリカ、キャラウェー、オレガノなどの香料をたっぷり入れ、塩で味付けします。小麦粉を水と油でこねたものでジャガイモを包み、お団子にしてから麺棒でのばし、油少々を使い、フライパンで焼きます。
芋をつぶすのも、粉をこねるのも、焼いているケーキをひっくり返すのも全部手でやります。
2.野菜サラダ  キュウリ、人参、大根をフードプロセッサーで荒みじんに切りにし、半分は、ヨーグルトであえ、残りは、マスタード、キャラウェーを炒めて香りをつけた油をかけました。
このサラダを右手でちぎったパンケーキにはさんで食べます。左手は、ひざに乗せて絶対使っちゃダメなんです。
3.デザート(Kheer) 30分くらい水に浸けて置いた米を軽くつぶしてバターで炒めます。牛乳を半量くらいに煮つめて砂糖をたっぷり入れ、炒めた米、スライスアーモンドを加えて煮込み、サフランを加えて、クリーム色に仕上げます。かなり甘いです。
ソニアさんのお話ですが、インド料理というと、日本の人たちはカレー味を連想してしまうので、カレー味ではないものを選んで紹介しましたとのことです。


2005年2月6日(日曜日)

2月前半のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

2月の前半メニューは、ミートパイ、ミネストローネなどです。
牡蠣とカブの煮サラダも。

12月に漬けたたくあんが食べごろになってきました。
明日出してみようと思ってます。

庭の梅が咲きそうです。
6月に漬ける梅干が今から楽しみ。


2005年1月29日(土曜日)

インドの家庭料理講習会

カテゴリー:  00時00分00秒

2月12日(土)13時より、インド料理の講習会をやることになりました。
先生は、インドの留学生、SONIAさん。 
メニューは、ポテトのナン、野菜サラダ、お米をつかったデザートです。
カレーではないインド料理だそうです。

22日に漬けたキムチ、おいしく食べています!


2005年1月23日(日曜日)

白菜キムチ

カテゴリー:  00時00分00秒

22日に、白菜のキムチを作りました。
一週間くらい前に塩で下漬けしておいた白菜に、
千切りした大根、にんじん、しょうが、にんにく、韓国の唐辛子粉を挟み込んで漬けました。
すりごま、干しエビ、松の実も入れました。
早く食べたいです。
早く食べたいので、リンゴ、長ネギ、にんにく、しょうがのしょうゆ漬けをはさんだのも作り、こちらは、今日から食べています。
おいしい!


2005年1月13日(木曜日)

1月のメニュー

カテゴリー:  00時00分00秒

1月のメニューは五穀飯(米、キビ、小豆、金時豆、黒豆の入ったご飯。韓国でお正月の」15日に食べるそうです。)、かぶのキムチ。他に、骨付き鳥肉のナンプラー味煮込み、豆腐の春巻きをつくります。


2005年1月9日(日曜日)

留学生と日本のお正月料理

カテゴリー:  00時00分00秒

1月5日、自国に帰らずに日本でお正月を迎える留学生をご招待しました。
日本の家庭で食べるお正月料理を経験していただくのが目的です。
メニューは、お屠蘇から始まり、祝い肴の数の子、ごまめ、黒豆。かまぼこ、錦卵、栗きんとん。
お煮しめと紅白なます。
そしてお雑煮でした。
すべてが、日本の昔からのお料理だったので、どれくらい、食べていただけるかなーと思ってましたが、
全部平らげてくださって、とっても嬉しかったです。
日本のお正月料理を味わうのは初めてということで、
お屠蘇の道具(博物館でしか、見たことがなかったとのこと)、
重箱、雑煮椀なども興味深く観察。
食文化のさまざまなお話もできて、
ほんとに楽しい時間でした。


2005年1月4日(火曜日)

新年のクラス

カテゴリー:  00時00分00秒

新年のクラスは、1月11日から始まります。
韓国料理の予定です。


2004年12月26日(日曜日)

クリスマス、お正月料理

カテゴリー:  00時00分00秒

クリスマス、お正月料理の間、一言日記をサボってしまいました。
クリスマスには、ローストチキン、カリフラワーのスープ、
お正月向きには、エビのナンプラー焼き、パイナップル入りの
きんとん、それに毎年好評のクロマメなどのメニューでした。

来年も、おいしいものづくりに励むつもりです。


2004年11月13日(土曜日)

ブラジル料理講習会

カテゴリー:  00時00分00秒

10月に計画して延期になっていたブラジル料理,
今日ようやく実現しました。

先生は、東大でコンピユーター生物学を勉強中のレオナルドさん。
フェジョン豆、マンジョカの粉、ケール(アブラナ科の野菜)、リングイッサ(ふとめのソーセージ)米などブラジルの食材を、大塚のお店で買ってきてくださいました。
料理の名前は、Virado a Paulista。
ゆでた豆の一部をフオークでつぶし、炒めた玉ねぎ、にんにく、ベーコン、トマトとあわせ、マンジョカの粉を加え、塩味をつけます。これとご飯(玉ねぎ、にんにくベーコンとともに炒めて炊いたもの)を盛り合わせ、目玉焼きをのっけます。
別にケールとにんにく、玉ねぎの炒めたもの、豚肉とソーセージの焼いたものを添えて混ぜながら頂きました。
おなかいっぱーい。満足。
この料理は、月曜日に食べることが多いのだそうです。


2004年10月31日(日曜日)

11月メニューのあれこれ

カテゴリー:  00時00分00秒

10月は、台風、地震と大変なことが続きました。
野菜が高値続きです。
9日のブラジル料理に続いて、
20日の夜のクラスも台風で一週間延期してしまいました。
11月は、13日にブラジル料理をいたします。
11月前半のメニューは、中国調理。
手羽先や、砂肝を使ってみます。
野菜は、あまり値段の変わらないブロッコリーを使うことにしました


2004年10月11日(月曜日)

ブラジル料理、台風で延期

カテゴリー:  00時00分00秒

10月9日のブラジル料理は、台風のために延期になりました。
残念!
でもレオナルドさんは、11月13日(土)に、
同じメニューで教えてくださるそうです。
よかった!
10月後半のメニューはイタリアン。
きのこのチーズ焼き、ニンニクと唐辛子のパスタなど。
サバの三枚おろしも出てきます


2004年9月25日(土曜日)

10月メニューのあれこれ

カテゴリー:  00時00分00秒

ようやく暑さが収まってきました。
10月の前半のメニューは、和食。
しめじと黄菊のおこわ、なすの利休汁、
アジの黄身寿司などです。
アジの三枚おろしに挑戦。

昨日、留学生のレオナルドに会いに行き、
10月9日のブラジル料理のメニューがきまりました。
軟らかく煮た豆にキャッサバの粉や
とうもろこしの粉をまぜた
サンパウロ地方のテイピカルな料理です。
つけあわせに炒めた豚肉、目玉焼き、ソーセージ、
にんにくとたまねぎを加えたご飯などをつくります。
お楽しみ!


2004年9月16日(木曜日)

味噌仕込み

カテゴリー:  00時00分00秒

昨日、味噌の仕込みをしました。
大豆を一晩水に漬け、やわらかくゆでてつぶし、
塩と麹を混ぜて仕込みました。
来年の秋まで、ときどき、手入れをしながら熟成させます。
レッスンに参加した方が「こうやって手をかけて作ってみると
手前味噌ってことばがよくわかる」と言われました。
麹は、神田明神の門前にある江戸時代からの天野屋のものです。天野屋の氷甘酒おいしいです。

9月後半のクラスのメニューは、中華とエスニック。
魚のきのこあんかけやベトナムのフオーをつくります。


2004年9月1日(水曜日)

9月のクラス始まります

カテゴリー:  00時00分00秒

夏休みおわりましたが、まだ、暑い!!
9月のレッスンは、イタリアンからはじめます。
丸ナスのチーズ焼き、サーモンの生ハム巻きなどなど。
8月に漬け込んだ紅しょうがはきれいに仕上がりました。
梅干レッスンに参加した方は、お持ち帰りです。
参加しなかった方には、10月の和食メニューのときに、
試食していただきます。


2004年8月10日(火曜日)

紅しょうがつくってます

カテゴリー:  00時00分00秒

夏休みに入りました。それにしても今年は暑いです。
暑いので、桃がとってもおいしいと思います。
夏ばてしないように、疲労回復に良い豚肉に、
野菜をいろいろ組み合わせて食卓をつくっています。
梅干作りのときに出来た赤梅酢に、
近江しょうがをつけこんで紅しょうが製造中。
あと10日くらいで出来上がります


2004年7月18日(日曜日)

梅を干しました

カテゴリー:  00時00分00秒

今年の梅雨は、どこへ? と思ってるうちに、
例年より一週間早い梅雨明け。
夕立はあるものの晴天続き。毎日暑いです。
早速、梅を干しました。14日から干して3日間。
もう干しあがりました。
赤梅酢もきれいな色に出来たので、
そろそろ紅しょうが漬を作ります。
7月の教室のメニューは,夏野菜たっぷりの生春巻きや、
そうめんの寒天寄せなど,涼しげで、なるべくキッチンに
居る時間が少なくてすむお料理の数々です。


2004年7月11日(日曜日)

日本の家庭料理の紹介

カテゴリー:  00時00分00秒

今日は、日本の家庭料理を留学生の方たちに教えました。
5月にも一度やっているのですが、留学生が、自分の国に帰られたとき、日本の家庭で食べているお料理を家族や、友達に、紹介できるといいなと思ってやってみました。
今日のメニューは、散らし寿司。家庭で作る寿司は、握りずしより、ちらし寿司の方が、一般的でつくりやすい。材料は、あまり、特殊なものを使わないようにしました。
今日集まったのは、7カ国、8名の人たちで、お吸い物と寿司を2時間くらいで作りました。”とってもおいしい”とのことでした。
このような集まりをこれからも続けて、日本の普通の食卓を留学生に伝えてみたいと思います。


2004年7月4日(日曜日)

梅に赤しそ

カテゴリー:  00時00分00秒

昨日、梅漬けに、赤しそを入れました。赤しその葉をむしって洗い、塩でもみ、ギューッとしぼって、梅漬けに入れると漬け汁がパーッと紅色に変化しました。赤梅酢です。   
これを梅雨明けまで置いて、梅を干して仕上げます。
でも、今年の梅雨はどうなっちゃったんでしょう? もう梅雨明けみたいなお天気が続いてます


2004年6月22日(火曜日)

梅干漬け込み中

カテゴリー:  00時00分00秒

少し前の話ですけど、6月9日に梅干の漬け込みをしました。塩漬けした梅から、水がジワーッと出てきてます。すっぱーい梅酢です。そろそろ赤紫蘇を入れなくてはと思ってます。
同じ日に、梅シロップも漬け込みました。こっちは、砂糖漬けです。やっぱり、水がジワーッとでてます。甘ーい梅ジュースです


2004年6月16日(水曜日)

スエーデン料理

カテゴリー:  00時00分00秒

スエーデン料理講習会ようやく実現しました。
6月12日、早稲田で日本語の勉強をしておられるペッテルさんをかこんで、牛肉の黒ビール煮込み、焼きカレイのカナペ、アップルパイをつくりました。
肉料理にきゅうりのピクルスとこけもものジャムをつけあわせていただきました。このジャムは、適当な酸味のあるおいしさで、パンにつけて食べるのではなく、甘いソースのような使い方をするのだそうです。
カナペは、きゅうり、ケーパー、パセリなどの入ったクリーミーなソースとともに焼きカレイを黒パンの上にのせました。
アップルパイは、パイ生地の材料をフォークと指先で、ソボロのようにして,薄切りの生のリンゴにかけ、オーブンでやいたものです。「お隣の庭から、ぬすんできたリンゴでつくるパイ」という名前のデザートだそうです。クリームソースをかけます。
ペッテルさんのママの味に、近いものが出来上がりました。


2004年5月30日(日曜日)

家庭で作る、ちらし寿司

カテゴリー:  00時00分00秒

今日は、家庭で作るちらし寿司をネパール、ミヤンマー、内モンゴル、韓国の方たちに教えました。お店で食べるちらし寿司は、生の魚を使いますが、今日、作ったのは、しいたけや、ニンジンの煮たのを寿司飯にまぜ、薄焼き卵や甘酢につけたエビ、もみのりでかざりました。 これなら、お国に戻ってからもお友達に作って上げられると思います。


2004年5月23日(日曜日)

そらまめ、カツオ、梅!

カテゴリー:  00時00分00秒

五月はそらまめ! さやからだしたてを塩茹でして初夏の味です。炒めてスープで煮るのもおいしいのでクラスのレシピに入れました。
六月は、メンバーの皆さんのご希望もあり、カツオやアジをおろし、たたきその他のお料理に仕上げます。
庭の梅も大分大きくなってきました。 梅干作りの季節もうすぐです。